広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

ソボクな疑問を解決 「広告音楽」にまつわるQ&A

会社じゃ聞けない!ソボクな疑問を解決
「広告音楽」にまつわるQ&A

    回答者
    近谷 直之氏

    Q.1 楽曲候補が複数案ある際、最終的にどのように決めていけば良いのでしょうか?

    A. 広告を見た人の気持ちになってみることが大切です。

    広告を見た人がどのような気持ちになるかを考えながら決めるのが最終的かと思います。セリフ、効果音、音楽すべて合わさって広告の音になるので、楽曲単体ではなく全体を俯瞰して考えることがとても重要です。

    ただ、そういった場合であっても音楽は往々にして人によって好みがあると思うので、楽曲のつくり手が、どのような意味でこの楽器を使用しているのか、なぜこの音をこのタイミングで入れているのか、どうしてこのテンポ、アレンジなのか、と音楽を細分化しながら理由を言語化して話すことができると良いと思います …

    あと69%

    この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する