広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

ソボクな疑問を解決 「パッケージデザイン」にまつわるQ&A

会社じゃ聞けない!ソボクな疑問を解決
「パッケージデザイン」にまつわるQ&A

    回答者
    ピースグラフィックス
    平井 秀和 氏

    Q. 既存ブランドと新規ブランドとで、パッケージに求められる役割は違いますか。

    A. 商品自体の役割が違うので、パッケージの役割も違います。

    まず商品自体の話になりますが、既存ブランドは会社の売上を支える屋台骨になる場合が多く、新規ブランドは商品自体が画期的・挑戦的な場合が多いです。そこでパッケージについてですが既存の場合、既にファンになっている人を裏切らず新しいファンを取り込む新鮮さを加えるのが理想です。

    新規はいずれ定番になることを期待される場合と数年の流行り物を狙う場合で違いがあります。定番になることを期待する場合、ロングライフなデザインや既存ブランドにも似た考え方、例えばちょっと落ち着いたデザインや王道なイメージにするなど。逆に数年・数ヶ月の寿命でも良いなら登場感の強いデザインや流行のスタイルも良いと思います。いずれにしても新規の場合は、会社に新鮮なイメージを加えることができる良いチャンスになると思います。

     
     

    Q. パッケージデザインの効果検証はどのように行えば良いのでしょうか。

    A. リリース前後で、方法が変わります。

    リリース前では競合商品も並べた陳列棚に置いてみたり、店頭の画像に当てはめてみるなどして見た目の検証を行います。ターゲットを呼んで聞いてみる方法もありますが、顧客が実際にはお金を払わないという状態でのリサーチは参考程度かなと思います …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する