広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

「イベント企画のクリエイティブ・ディレクション」の成功事例

最後にイベント企画の成功事例を紹介。イベントだからこそ実現できる深い「体験」を演出するために、デジタルの活用や、事前事後の仕掛けづくりなど、さまざまな工夫が凝らされていることが分かります。

    case 01 大塚製薬
    「ポカリガチダンスFES」


    広告を超えて、ユーザーから愛されるコンテンツとして育っていった「ポカリスエット」のガチダンス。今回はそんなガチダンスを踊ってきてくれた、彼たち/彼女たちを主役にしたイベントを開催し、それを広告にしていくというチャレンジをしました。この日のためにダンスを覚え、全国から参加してくれた中高生は、なんと総勢4348人。

    一人ひとりが主役の、この日この時しか体験できない一瞬を切り取った広告は、圧巻の一言です。私もこのイベント部分の企画・実施でお手伝いをさせていただきました。(電通ライブ 西牟田氏)

    case 02 グリーン大通りエリアマネジメント協議会
    「IKEBUKURO LIVING LOOP」


    普段は単なる道として通り過ぎられてしまう場所が、市民の憩いの場所=居場所へと変わっています。また、マルシェとワークショップのスペースが立ち並び、街自体が体験の舞台になっています。

    街全体を舞台として捉えて面として広げていくことで、体験やコミュニケーションの質が大きく変わっていく可能性がありますし、エリアにとって、市民にとってどのような価値をつくれるのかという、まちづくりの視点や文脈が入ることで、今までとは違ったアプローチでの企業やブランドとしてのコミュニケーション、社会貢献の形がつくれるかもしれません …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する