広告マーケティングの専門メディア

広告ビジネス2.0 広告、メディア、クリエイティブのアップデート

デジタルが塗り替えるOOH─進化するアナログメディアの今

浜田 桂氏(電通)

デジタル化が進む今、交通・屋外広告にも変化が生まれている。交通・屋外広告は今後どのように進化していくのだろう。時代の流れを基に紐解く。

これまで広告の世界で言われてきたメディア=コンテンツ+広告+媒体であったものが、ほとんどの旧来メディアは、デジタル化により媒体=1枚のWebサイトで完結してしまうようになりましたが、Webサイトで完結しないのが、ラジオとOOH(屋外・交通広告)です。

そして、デジタル化によって最も恩恵を受けているOOHは、デジタルサイネージ(=DigitalOOH)の領域です。略してDOOHと言いますが、実は、日本はまだまだこの領域では遅れています。デジタル化によってOOHの世界で大きく変わることは以下2点です。

(1)データの取得

これまでOOHの世界では、媒体の前にいる人の人数や属性が把握できていませんでした。が、OOH媒体にカメラなどをつけることで、人数や性年齢の把握・画面を見ているかの検知からインタラクティブな展開も可能になったのです …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告ビジネス2.0 広告、メディア、クリエイティブのアップデートの記事一覧

広告ビジネス2.0 広告、メディア、クリエイティブのアップデートの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する