広告マーケティングの専門メディア

広告ビジネス2.0 広告、メディア、クリエイティブのアップデート

ラジオの追い風となる? デジタルオーディオアドの可能性─進化するアナログメディアの今

石井忠典氏(博報堂DYメディアパートナーズ)

日本ではまだ市場規模も小さいデジタルオーディオアド。しかし、7月からradikoが実証実験を開始するなど、今後その拡大が期待される。博報堂DYメディアパートナーズ ラジオ局 オーディオビジネス開発部 部長の石井忠典氏にデジタルオーディオアドの今後の可能性やラジオビジネスに与える影響について聞いた。

昨年度まで、デジタルオーディオアドの本格的な展開を行っていたのは、当社が開発・運営しているラジオクラウドやSpotifyくらいでしたが、今年4月からはWIZ RADIOが、7月からはradikoがそれぞれ配信を開始するなど、続々とプレーヤーが増えています。今後もプレーヤーの増加が見込まれ、それにより広告在庫が増え、SSPやDSPを通じてプログラマティックに取引されるようになると市場は大きく拡大していくでしょう。

日本でも普及が進むスマートスピーカーはデジタルオーディオアドの今後を考える上で欠かせない存在であると考えており、当社でもさまざまな取り組みを進めています。7月からはスマートスピーカーから配信されるニュースコンテンツ内で広告(デジタルオーディオアド)を配信するネットワークを構築し、配信実験を開始しました …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告ビジネス2.0 広告、メディア、クリエイティブのアップデートの記事一覧

広告ビジネス2.0 広告、メディア、クリエイティブのアップデートの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する