広告マーケティングの専門メディア

広告ビジネス2.0 広告、メディア、クリエイティブのアップデート

パーソナル化への対応、進むデジタル+データで変わる紙メディア

デジタル化が進んでも、その重要性が変わらないのが紙。「デジタルがもたらしたのは紙の置換えではなく、『紙のデジタル化』とも言えるメディア間の隔たりの排除」と話すグーフ 岡本幸憲氏と近藤寛一氏にデジタル+データで生まれるダイレクトメールの付加価値について聞いた。

「全ての紙はデジタルに取って代わられる」というプロパガンダが誤りであることは、特にマーケティングの世界では疑いようのない事実と言って良いでしょう。

Webやeメール、SNSなどデジタルファーストで顧客とのコミュニケーションが行われているプロモーション活動の中で、パーソナライズされた情報の発信は企業のマーケティング活動において一般的な施策となってきました。また、データ主導のマーケティングはMA、CRMの登場によりマーケターにとってより手軽で効果の分かりやすい方法となり、コミュニケーションにおけるタイミングの重要性はさらに増しています。

デジタル+データと印刷技術の進歩は、eメールと同様の自由度を紙にももたらしています …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告ビジネス2.0 広告、メディア、クリエイティブのアップデートの記事一覧

広告ビジネス2.0 広告、メディア、クリエイティブのアップデートの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する