広告マーケティングの専門メディア

買いたくなる、瞬間を捉える!

2015年、消費の加速に期待のイベント 知っておきたい注目トレンド&キーワード

2015年、消費者心理を大きく揺り動かすトピックとは?各領域の有識者が、起こり得る消費者の心理変容を予測し、そこで企業がどのように動くべきかを考える。

早いもので、もう4月。気分も新たに新年度がスタートし、2015年度の消費もいよいよ本格的に盛り上がってくる。ここでは、月刊『日経トレンディ』、リクルートホールディングス、そして月刊『DIME』の3者から昨年末に発表されたトレンド予測を概観し、今年度の消費動向の勘所を押さえたい。

まずは、リクルートホールディングスが2014年12月に発表した「2015年のトレンド予測」。住まい、飲食、出産・育児、美容、社会人学習、進学、独立・開業、アルバイト・パートの8領域におけるトレンドを表すキーワードを発表した(表1)。女性が牽引していると思われるトレンドが目立つ。ここでは、今年度ますます社会課題として注目されるであろう、子育て世代の女性の就労率の上昇に関連したキーワードを紹介する …

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

買いたくなる、瞬間を捉える! の記事一覧

編集部まとめ 蔓延する“不安”を取り除く 未来志向のコミュニケーション
"欲しい"スイッチはどこにある?消費意欲を刺激する注目のキーワード
2015年の主要イベントと消費意欲シミュレーションを自己分析してみる
2015年は映画の当たり年 カギはSNSの効果的な活用
GWにSW・・・大型連休は消費の活性化につながるか
4月1日より食品表示法施行 食品は“情報”で選ぶ時代に
2015年、消費の加速に期待のイベント 知っておきたい注目トレンド&キーワード(この記事です)
2014年消費税率8%引き上げで消費者はどう動いたか?消費増税に左右されない商品・ブランドづくり
2014年消費税率8%引き上げで消費者はどう動いたか?西友「KY TIMES」で増税3カ月前からコミュニケーション
歴史は繰り返す!過去事例に学ぶ ――そのとき、消費者・企業はこう動いた 2014年消費税率8%へ引き上げ
過去事例に学ぶ ――エコカー減税を追い風に、焦らず進めたハイブリット訴求
歴史は繰り返す!過去事例に学ぶ ――そのとき、消費者・企業はこう動いた〜2009年エコカー減税・家電エコポイント制度〜
景況感と消費者心理の関係 景気の善し悪しだけでは動かない消費者たち
消費増税はいかにして消費者心理に影響を与えるのか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する