広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

新聞各社の電子版PRの動きが加速 ユニークな動画コンテンツの作成が活況

宮浦 慎

地方紙の電子版PR動画制作
地元クリエイター起用の動き

電子新聞や有料デジタルサービスの普及に取り組む新聞社の動きが加速している。そのような中、地方紙は地元に精通するクリエイターとともに、電子版をPRする動画を制作する動きがある。

山陽新聞社(岡山市)は2月28日、電子版で地元のクリエイター集団「岡山広告温泉」とオンライン動画を制作する企画を開始した。2014年6月に同社が提供を始めた電子版の読者開拓の一環。デジタルになじみのある若者層に訴求するコンテンツを発信することで、電子版の普及を図る。

同日公開した第1弾は「ニート?ザ・桃太郎」。主人公は鬼退治に行こうとせず、スマートフォンでゲーム三昧の桃太郎。働き者のおじいさんとおばあさんが「新聞を読んで社会のことを勉強しろ」と諭す物語となっている。同企画は「ニュースをつくろう。」をテーマとし …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

JIAAがネイティブアドのガイドライン策定 広告表記や広告主主体者の明示を促す
2015年秋に「ネットフリックス」日本上陸 日本のテレビ業界に与える影響とは
現実を巻き込む陣取りゲーム「Ingress」 地域活性で企業や自治体が注目
メーカーの営業員支援がプロモーションの重要テーマに
駅にあるOOHを活用したO2Oプロモーション
新聞各社の電子版PRの動きが加速 ユニークな動画コンテンツの作成が活況(この記事です)
4K8K推進の動きが加速 スカパー!で実用放送開始
「理論と実践」双方から探究を続ける日本マーケティング学会、2014年度の活動
4年連続の増収維持~2015年度テレビ営業収入見通し~
第3回「全広連日本宣伝賞」にセブン&アイ・鈴木会長、宣伝会議・東会長ら
コンテンツマーケティングのプラットフォームを誰がつくるのか
ゴールが追いかけてくるランニング・イベント 5月に日本上陸
広告主の重点広告課題から「今」を読み解く
日本語がない!?OOHによる訪日観光客向け広告が活況
利便性の高い「Nサイズ」拡充により新聞広告の活性化なるか
マーケティングの研究成果を学術誌やWebサイトを通じて発信
固定店舗に代わる販路となるか 移動式物販の台頭と可能性
サイバーテロと国家、注目される「表現の自由」の今後

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する