広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

勉強会とのジョイント企画開催

日本マーケティング学会事務局

ジョイント企画として共同開催している研究会には、毎回多くの参加者が集まっている。

日本マーケティング学会は、今年度から学会の活動の一環として、「嶋口・内田研究会」とのジョイント企画を開催している。

この「嶋口・内田研究会」は、学会の発起人の一人で日本のマーケティング研究の第一人者である慶應義塾大学名誉教授の嶋口充輝氏を中心に、学会副会長で早稲田大学ビジネススクール教授の内田和成氏が代表幹事を務めている社会人のための勉強会である。通常月1回のペースで社会人が参加しやすい夜7~9時の時間帯で開催され、1984年の第1回研究会以来200回以上続いている自主研究会の老舗的な存在であると言える。この研究会に登録している会員数は約400人で、業種・職種も多岐にわたり、中には企業の経営者層や学界で確固たる地位を築いていながら、長年にわたり通い続けているファンが多数いる。

研究会の進め方は、通常、会員もしくは外部の方を講師として招き、約2時間にわたって、講義とディスカッションを行っていく。一連の質疑応答が終わった後、嶋口教授、内田教授がまとめを行うが、通常はなかなか聞くことができない人気の高い両教授のコメントを聞くことができるということで、毎回多くの参加者が集まっている。

日本マーケティング学会では、学会の主要な会員層である向学心のある社会人と、研究会の参加者層が重なることから、以前から ...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

「たまたま」というテレビ革命
光と音のナイトランイベント
プロモーションサービスの実態と課題
指数と連動したOOH広告
中高生向け新聞や大学受験支援アプリ
テレビ情報アプリ、全国に対応へ
勉強会とのジョイント企画開催(この記事です)
雑誌広告効果の新指標他、業界ニュース
ドコモグループがDMP事業開始他、ピックアップニュース
テレビとネットの境界で
新たなイベント産業展が開催
JPMプランニング賞が決定
電車や飛行機とのリアル連動
字幕付きCMの普及はあるか
W杯期間中の新聞社の取り組み
地域をマーケティングにより活性化
新聞広告にハイブリッド印刷他、新聞社の新たな取り組み
日本マーケティング大賞 表彰式

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する