広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

雑誌広告効果の新指標他、業界ニュース

雑誌広告効果の新指標「M-VALUE」のPR強化

日本雑誌協会(雑協)と日本雑誌広告協会(雑広)は、雑誌広告の効果を測る業界標準指標の構築を目的に実施した「第1回雑誌広告効果測定調査(M-VALUE=エム・バリュー)」のPR活動を強化している。調査結果や概要などを記した16ページの小冊子「M-VALUE報告書」を作成。大手企業の宣伝部門らで構成される日本アドバタイザーズ協会(JAA)などに説明の機会を設けたほか、会員社を通じて配布し、広く出版社や広告会社、広告主に向けて認知拡大を図る。

調査は2013年10月から11月にかけて、全国主要7地区で実施。出版社19社の33誌が参加し、各誌に掲載した広告の接触率や理解度、心理・態度変容などについて共通の指標で調べた。1誌あたり150サンプル、33誌合計で5342サンプルから回答を得た。

それによると、雑誌閲読者(対象33誌平均)の広告注目率(広告を「詳しく読んだ」+「確かに見た」人の割合)は50.2%、広告注目者のうち64.3%はその商品・サービスに関心を抱いた。

また、「純広告」と「記事広告・タイアップ広告」の読者から見た印象の違いなどについても調べた(175ページ参照)。

小冊子のデータは、雑協、雑広のWebサイトからダウンロードできる。詳細データは、実査機関であるビデオリサーチから有償で提供される。調査は今後、年1回の調査を予定している。

「ネイティブアド」定義の確立へJIAA が研究会を発足

インターネット広告推進協議会(JIAA)は ...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

「たまたま」というテレビ革命
光と音のナイトランイベント
プロモーションサービスの実態と課題
指数と連動したOOH広告
中高生向け新聞や大学受験支援アプリ
テレビ情報アプリ、全国に対応へ
勉強会とのジョイント企画開催
雑誌広告効果の新指標他、業界ニュース(この記事です)
ドコモグループがDMP事業開始他、ピックアップニュース
テレビとネットの境界で
新たなイベント産業展が開催
JPMプランニング賞が決定
電車や飛行機とのリアル連動
字幕付きCMの普及はあるか
W杯期間中の新聞社の取り組み
地域をマーケティングにより活性化
新聞広告にハイブリッド印刷他、新聞社の新たな取り組み
日本マーケティング大賞 表彰式

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する