広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

指数と連動したOOH広告

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

img01

P&Gはパンテーンの広告で、「紫外線指数情報」を使った展開をJRトレインチャンネルで実施した。

商品と結びつく気象情報を可視化

6月30日から8月24日まで、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)は、電車内のデジタルサイネージ(JRトレインチャンネル)で、日本気象協会発表の「紫外線指数情報」を絡めた広告展開をした。朝の通勤時に見ると、関東各県の地図上に女性のアバター風キャラクターが出ていて、東京の今日の予報は「厳重警戒」と表示していた。「紫外線がきわめて強いです!肌だけでなく髪の紫外線対策の必要!」と注意を促していたが、同時に「髪が浴びる紫外線量は、肌の3倍」というパンテーンの広告メッセージと商品ボトルを見せていた。番組の中で商品を見せるプロダクトプレースメントの手法にも似ている。指数は「安心・やや注意・注意・警戒・厳重警戒」の5段階に設定されていたが、その直後に綾瀬はるかさんが出演するCMで「紫外線などのダメージを根本から補修」と商品の機能を訴求するという仕掛けだ。商品と結びつく気象情報を指数という形で分かりやすく可視化して見せる手法は、人々の関心を呼びやすく購買喚起につながるうまいやり方だろう。夕方には翌日分、深夜24時過ぎにはその日の分と1日3回更新した。これには、ニュース番組などと同じ「随時更新システム」を使用。デジタルサイネージだから可能な展開と言えよう。

P&Gはその後、ファブリーズでも「汗かき予報」という展開をしている。松岡修造さんがニオイ予報士に扮して、その日の天気に連動した「夏汗指数」を「ベタベタ・タラタラ・ビッショリ」などと表示し、「夏汗注意報発令中」と熱く伝えるものだ。その後に放映されるCMは、「スーツ」篇、「まくら」篇、「カーペット」篇と、洗濯しにくい素材の夏汗ニオイ対策を伝えていた。

一方…

あと50%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

「たまたま」というテレビ革命
光と音のナイトランイベント
プロモーションサービスの実態と課題
指数と連動したOOH広告(この記事です)
中高生向け新聞や大学受験支援アプリ
テレビ情報アプリ、全国に対応へ
勉強会とのジョイント企画開催
雑誌広告効果の新指標他、業界ニュース
ドコモグループがDMP事業開始他、ピックアップニュース
テレビとネットの境界で
新たなイベント産業展が開催
JPMプランニング賞が決定
電車や飛行機とのリアル連動
字幕付きCMの普及はあるか
W杯期間中の新聞社の取り組み
地域をマーケティングにより活性化
新聞広告にハイブリッド印刷他、新聞社の新たな取り組み
日本マーケティング大賞 表彰式

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する