日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

地域活性のプロが指南

「田んぼアート」による観光地づくり 逆転の発想で「待ち時間」活用

鈴木 勝(地方公務員・田舎館村 企画観光課長補佐)

「田んぼアート」会場で2006年から徐々に生じてきた混雑問題。​そこで発想を転換し、交通インフラや周遊ルートの整備に乗り出します。
前回の記事はこちら

​2011年のテーマは「竹取物語」。緑と黄、紫、白、赤、濃い緑、橙の7色を使用。​東日本大震災発生の年ながら見学者数は順調だった。

​田んぼアートを制作するための技術が向上し、観光施設としての​整備も進んできたことを前回はお伝えしました。今回は、宿泊施設の乏しい田舎館村(いなかだてむら)でいかに有意義に長時間滞在していただくか、試行錯誤した施策についてお伝えしたいと思います。

​​2011年から田んぼアート用の稲の品種は緑と黄、紫、白、赤、濃い緑、橙の7色が手に入るようになりました。それを使用して2011年は日本最古の物語と言われる「竹取物語」を描き、かぐや姫が生まれるときの輝く竹や、天に帰るときの華やかな着物を見事に表現しました。見学者数は順調で、2009年には及ばないものの、2010年を上回る15万人となり、募金も初めて1000万円を超えました。一人当たりに換算すると80円ほどです。

2011年は東日本大震災が発生した年でもあり、太平洋側ではライフラインは寸断。原発事故により農作物や観光施設は大打撃を受けていたという中、見学者数が前年を上回ったことは誇りに思うところです。また、この年から2012年7月の完成に向けて、着々と第2会場展望所の建設工事が進んでいました。有料化を決めたものの価格設定が悩みどころで …

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

地域活性のプロが指南 の記事一覧

「田んぼアート」による観光地づくり 逆転の発想で「待ち時間」活用(この記事です)
「田んぼアート」による観光地づくり 失敗を乗り越え、見学者数増加と有料化の決断へ
「田んぼアート」による観光地づくり 人口約8000人の村が年間で約34万人を集客
廃止寸前から立て直した千葉県・いすみ鉄道 生き残るために地域の広告塔になる
廃止寸前から立て直した千葉県・いすみ鉄道 ローカル線をどのようにしてブランド化する?
廃止寸前から立て直した千葉県・いすみ鉄道 「非日常」を地域の価値と捉えよう

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する