日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

地域活性のプロが指南

「田んぼアート」による観光地づくり 人口約8000人の村が年間で約34万人を集客

鈴木 勝(地方公務員・田舎館村 企画観光課長補佐)

今回から、青森県・田舎館村(いなかだて)で1993年に始まった「田んぼアート」の取り組みをもとに地域活性化のヒントを探ります。

2015年には12月に公開された映画『スター・ウォーズ』をモチーフとした田んぼアートで話題となった。

© & TM Lucasfilm Ltd.

はじめまして、青森県田舎館村 企画観光課長補佐の鈴木勝です。今回から5回にわたりこちらの連載を担当することになりました。突然ですが皆さん、田舎館村の「田んぼアート」をご存知でしょうか。田んぼにスター・ウォーズやサザエさんの絵を描く取り組みで、メディアなどを通じて目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

その歴史は「地方創生」という言葉が生まれるよりもずっと前、1993年までさかのぼります。今では年間来場者数約34万人、年間入館料収入約6200万円に達しており、村の名を観光地として全国に広める取り組みです。

田舎館村は青森県津軽平野の南部に位置し、面積が22.35平方キロメートルと県内で一番小さな村です。人口は約8000人で、昭和50年代の1万人超から年々減少を続け、国立社会保障・人口問題研究所の推計によると約50年後の2060年には現在の半分以下である3733人になるという危機的状況が予測されています。

何もない村がどのように集客コンテンツをつくり上げ、話題化したのか。なぜ年間50件もメディアに取り上げられるようになったのか。「田んぼアート」を起点に、お話ししていきたいと思います。

歴史的大発見によるひらめき

1987年、田舎館村では村の活性化を目的としてJA、商工会などを中心とした「田舎館村むらおこし推進協議会」を設立しましたが、いくら予算をかけても人が集まらないという状況が続いていました …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

地域活性のプロが指南 の記事一覧

「田んぼアート」による観光地づくり 人口約8000人の村が年間で約34万人を集客(この記事です)
廃止寸前から立て直した千葉県・いすみ鉄道 生き残るために地域の広告塔になる
廃止寸前から立て直した千葉県・いすみ鉄道 ローカル線をどのようにしてブランド化する?
廃止寸前から立て直した千葉県・いすみ鉄道 「非日常」を地域の価値と捉えよう
廃止寸前の千葉県・いすみ鉄道、住民に認められるために行った施策とは?
廃止寸前のローカル鉄道、どのようにして立て直した?「よそ者」社長が協力を得るまで

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する