日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

人気メディアの現場から

10万部が数日で棚から消える『メトロミニッツ』編集方針の変遷

野中ゆみ(スターツ出版​メトロミニッツ編集部​編集長)

報道対応を担当するPRパーソンにとって、気になるのがメディアの裏側。​企業取材のスタンスや、プロデューサーや編集長の考えに迫ります。

スターツ出版​『メトロミニッツ』

    ​スターツ出版​『メトロミニッツ』​

    【基本情報】
    部数 約10万部​ ​
    発行 毎月20日(東京メトロ52駅、​160台の専用ラックで配布)
    ​創刊 2002年

      定番企画

    • ​1 東京ビアニスタ
    • 2 遠征レストラン
    • 3 Tokyo Food Journal
    • 反響の大きかった企画​

    • ​1 異彩のビストロ​
    • 2 料理家のご馳走モノ​
    • 3 EAT GOOD(イートグッド)

​​東京メトロ駅構内のラックに設置​されているフリーマガジン『メ​トロミニッツ』。都内の地下鉄利用者​なら目にしたことがあるであろうこの​冊子は、2002年の創刊以来、月刊で発​行を続けている。発行部数は10万部。​東京メトロ52駅の専用ラックで配布​する。​​

​「ターゲットは30~40代の働く男女。​東京メトロが発行していると思ってい​る方も多いですが、スターツ出版によ​る独立した媒体です。メトロミニッツ​は創刊から、単なる“情報”を提供する​フリーマガジンではなく、読者に対し​て“価値観”を提供することを大事にし​ています。いま、世の中にあるあふれ​るほどの選択肢の中から、情報を選ぶ​ためのヒント集のようなイメージです​ね」と編集長の野中ゆみ氏は話す。

​“食”をメインに特集を構成

​メトロミニッツがいかに読者の支持​を得ているかは、毎月20日に最新号が​ラックに並ぶと実感できる。「設置後​3~4日ほどでラックからなくなるの​で、手に入れたい読者から問い合わせ​をいただくこともあります。このペー​スは発行から約14年間、ずっと変わり​ません」というから驚きだ ...​​

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

人気メディアの現場からの記事一覧

人気メディアの現場からの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する