日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

コーポレートブランドをつくる広報

現場の社員がブランドマスター 「ショップジャパン」認知度は2年で50%に

オークローンマーケティング(ショップジャパン)

img01

ロゴの変遷


img02

ツール

    新ブランドが目指すゴール+体制

  • 「ショップジャパン」の認知度拡大
  • カテゴリー全体での拡販、新たなチャネルへの挑戦
  • ブランディング専門部署を設置、社内浸透のための研修
  • 「お客さまにとってNo.1のライフスタイルブランド」

通販会社「ショップジャパン」の運営会社として知られるオークローンマーケティング。近年はユニークなテレビCMでも知られる腹筋マシン「ワンダーコア」など、ヒット商品を数多く送り出している。そんな同社が「ショップジャパン」のリブランディングに着手したのは2014年のこと。通販会社で成功した背景もあり、かつては数値化しづらいブランド力よりもレスポンス率や売上が優先されがちだったが、その背景には販路などの変化がある。

「ヒット商品には恵まれたものの、伝統的な通販チャネルは今後伸び悩みが予想されます。ネット通販や小売などチャネルにこだわらず挑戦していくには、総合的なライフスタイルブランドとしてのポジション確立が必要でした」と話すのは、広報部長の板野可奈子氏だ。年4回程度実施している自社調査では、2014年2月時点で「ショップジャパン」ブランドの対外的な認知度は約30%。この数値を高め、商品単体ではなくカテゴリーおよびチャネル全体での ...

あと49%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

コーポレートブランドをつくる広報の記事一覧

コーポレートブランドをつくる広報の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する