日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

コーポレートブランドをつくる広報

エースコック、NEC、マツダ・・・10社が明かす「ブランド刷新」の目的とゴールとは

今回は近年、CIなどをリニューアルした13社が登場。各社がブランディングを重視するようになった理由とは。

(1)リニューアルの目的、経緯
(2)期待している成果やゴール、実際の成果
(3)外部パートナーなど

赤ちゃん本舗(2015年2月発表)

img01

第二の創業から新ステージへ

(1)1932年に創業し、2007年にセブン&アイグループに入り業務改革を進める中、業績が改善。2015年を「第二の創業」として位置づけ、新たなステージへ踏み出す一歩とした。新しい企業理念を掲げ、社内の意識を変えていくとともに、お客さまに新たな価値を提供するためにコーポレートメッセージ、ロゴマークを変更。また、「ブランディングノート」という冊子を社員に配布するなど、社内でリブランディングに取り組んでいる。「スマイルな育児を。アカチャンホンポ」というコーポレートメッセージを掲げ、ブランド価値を高めることを目的とした。

(2)「子育て総合支援企業」を目指す姿と設定し、企業理念の理解度、CS度、ES度をKPIとして、テストやアンケートで評価。最終のゴールは、従業員が誇りに思う企業になり、お客さまに存在価値を認めていただける企業になること。

(3)非公開

(CSR推進・広報部 部長 岩永優美氏)


エースコック(2015年1月発表)

img02

周年の節目にグローバル企業としての飛躍

(1)設立60周年・社名誕生50周年という節目を迎えるに際し、世界で成長するグローバル企業として大きく飛躍をするべく、新しいCIとVIを導入。創業当時から続くスピリットや「らしさ」を再認識し、従業員一人ひとりの使命を目に見えるカタチにすることを目的に、新スローガン「Cook happiness(おいしい しあわせ つくりたい)」を社会への約束として表明した。

(2)インナー(従業員)とアウター(主にお客さま)に対して、複数KPIからなる「浸透度」を定性的、定量的に分析し評価。従業員には「Cook happiness」が個人や組織として実現可能となるよう、「意識~思考~行動」の変化を経て最終的にESの向上へとつなげたいと考える。お客さまにはマインドシェアの拡大を経て長期的なCSの向上へとつなげたい。

(3)読売広告社

(社長室 課長 松山幸裕氏)


NEC(2015年7月発表)

img03

変革への想いを形にしたステートメント

(1)NECグループは2013年4月、「社会価値創造型企業」へと変革することを宣言した。その想いを形にしたものが …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

コーポレートブランドをつくる広報の記事一覧

コーポレートブランドをつくる広報の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する