日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広報担当者の事件簿

小説で学ぶクライシス対応 広報2年目の良太が社会部記者から学んだこととは?

佐々木政幸(アズソリューションズ)

    File 紫化学工業・顧客名簿不正転売事件〈後編〉

    <前編>はこちら 
    img01

    【あらすじ】
    2015年2月27日、紫化学工業の讃岐孝が会社の顧客データを不正に持ち出し転売したとして逮捕され、広報歴2年の古川良太ら広報部員は電話取材や謝罪会見の準備に追われていた。そんな中、警察から讃岐の上司である神山聡史が任意で事情聴取を受けていると連絡が入る。対策本部が騒然とする一方、無常にも会見の時刻は近づき─。

    2月27日午後3時02分

    会場は熱気であふれかえっていた。50人ほどが座れる椅子を用意したが、数が足りずに後方や両脇の壁に沿って立ったまま、主役の登場を待ちわびている記者さえいる。

    開始時刻の午後3時を2分程過ぎた時、ようやく主役である社長の平田が舞台の袖から登場した。「本日は急なご案内にもかかわらず、ご足労をいただき誠にありがとうございます。これより、弊社の記者会見を行います。初めに社長の平田よりご挨拶をさせていただきます」。広報部長の野原が口火を切る。

    「本日、弊社社員が逮捕されたことは……」。平田が切り出すや否や、記者から野次が飛んだ。

    「社長!その説明から始めるんですか?御社から案内をしておいて、定刻に始めないとはどういう了見ですか。2分や3分の遅れなど大したことないとでも思っているんですか!説明の前に、開始が遅れたことの詫びをすべきでしょう。違いますか?」。

    「…皆様にお集まりいただいているにもかかわらず、遅くなり申し訳ございません」と、絞り出すような声がマイク越しに聞こえてきた。会場の入口付近にいた広報2年目の古川良太の目に映ったのは、自分とはさほど年齢の変わらない記者たちに頭を下げているトップの姿だった─。

    受付で会見が始まる前からマスコミの殺気立った雰囲気に気圧されていた良太も、記者の洗礼を浴びていた。

    「御社から会見の案内がきたから来たのに『名刺を出せ』とは何だ!名刺を集める暇があったら、しっかり対応してくれ!」。

    良太は、記者会見の案内を手に持ちながら受付を通り過ぎる記者たちに一喝されていた。会場では誰一人会話をしている者などいない。皆、午後3時に登場するはずの主役の席を凝視している。会場内には撮影のための機材を準備する乾いた音だけが響いている。

    そこに、「毎朝新聞です」と名乗りながら、小暮が受付に名刺を …

    あと76%

    この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報担当者の事件簿の記事一覧

広報担当者の事件簿の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する