日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

経営を変える広報

「ウェブ会議サービス」専業の強み、ブイキューブのアジア進出拡大へ

間下直晃(ブイキューブ 代表取締役社長)

2013年12月に上場した、ウェブ会議を提供するブイキューブ。企業の海外進出でニーズが増え、アジアに営業拠点を広げる中で「ビジュアルコミュニケーション」による組織の活性化を提案する。

img01

ブイキューブ代表取締役社長 CEO 間下直晃氏(ました・なおあき)
慶應義塾大学理工学部在学中、1998年にウェブソリューションサービスを提供するベンチャー企業を設立。2004年よりビジュアルコミュニケーションサービスの開発・提供に着手し、現在では主力事業に。

各国をつなぐ会議を実現

今年6月、世界的な国際機関である「世界経済フォーラム」が東京・六本木のニコファーレで「ジャパン・ミーティング2014」を開催しました。当社はこのイベントにシステムスポンサーとして参画し、ニューヨーク、北京、ジュネーブやバルセロナなど全世界12カ所からトップリーダーたちが参加してリアルタイムで話し合う会議に、ブイキューブのウェブ会議サービスを提供しました。

会場に設置されている複数の大型スクリーンの画面に、各リーダーの名前とともにブイキューブのロゴが大きく掲示されている光景は圧巻でしたね。日ごろ私はシンガポールの拠点にいますが、この日はもちろん会場に入って生中継の様子を見守りました。トラブルが発生しないかと終始ヒヤヒヤしましたが(笑)、幸い無事に終えることができホッとしています。

ここまで大規模な導入事例は初のことでしたが、ブイキューブの主力サービス「V-CUBE ミーティング」は、パソコンなどの端末とインターネット環境さえあれば誰でも簡単に使えるウェブ会議サービスで、国内外で多くの企業に導入されています。画面越しに顔を見ながら、まるで会っているかのようにやり取りができるこの仕組みを、僕らは利用シーンごとに提供し、「ビジュアルコミュニケーションサービス」と総称しています。

現在の事業に注力するようになったのは ...

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

経営を変える広報 の記事一覧

「ウェブ会議サービス」専業の強み、ブイキューブのアジア進出拡大へ(この記事です)
オンライン英会話で初上場、レアジョブ・加藤智久社長「取材はビジョンを伝える場」
横浜にシェアスペース「BUKATSUDO」オープン、リビタの戦略的広報
牛乳石鹸・宮崎悌二新社長「広報は伝える力の源泉になる」
DLE 椎木社長「あの企業がこんなに面白いことをやっている!という意外性が、今はむしろニュースになる」
小田急電鉄の山木社長「8年の広報経験が貴重な財産」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する