販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

SNSがきっかけでダイヤモンドを買った話

島袋孝一(プリファードネットワークス マーケティング)

アクセサリーブランド「gray(グレイ)」

この原稿を書いているのは、2021年クリスマス直後。自身が十数年ぶりに買った「とあるもの」の体験談をもとにD2CブランドとSNSの事例をご紹介します。

再認知から購買

12月中旬オフィスからの帰途、乗り換えの渋谷駅で印象的なOOH(屋外広告)に出合った。「誰かにも、やさしいダイヤモンド」シンプルなコピーと素敵なビジュアル。そしてブランドロゴ。Instagramで人気を集め、2020年1月の発表から1年半で月商5000万円を達成したというアクセサリーブランド「gray」のものでした。

21年の夏頃、ファッション専門媒体で代表の恩地さんの取材記事を読んでから、彼のTwitterアカウントやブランドInstagramをフォローしていました。その時は「なんとなくいいな。」くらいの感覚でした。

それから半年後、先のOOHに出会い、彼のTwitterやnoteを見に行くと、OOH実施の背景や、それが掲載当日だったことを知りました。そして同時に、期間限定POP UPストアが百貨店でオープンすることも知りました。grayは、文字通りのD2Cブランド。販路は自社ECと年に数回のPOP UPストアのみ。この機会を逃せないと思い、後日クリスマス直前の百貨店に足を...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

SNSがきっかけでダイヤモンドを買った話(この記事です)
駅ナカアートを通じたプレゼンテーション
パーソナルカラーで文具を選ぶ、新しい提案
エルメス(HERMES)初のネイルカラー(レ・マン・エルメス)
消費者と会話をする商品づくり
「◯◯なメディア」
印刷物で、リアルとデジタルをシームレスに繋ぐ
お洒落に快適に、自分に合ったマスク選び
バズる心構えはできているか?
「交通メディアを誰にでも気軽に」
コロナ禍で得た手法、非接触のテスター
購入者を楽しませる、パッケージデザインの醍醐味
スマホのミュートを解除させるほどのコンテンツ
交通広告の活用で新規登録者数が4倍に!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する