販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

「交通メディアを誰にでも気軽に」

平井健一郎

メトロアドエージェンシー/アドターミナル

最近テレビを見ていて、多種多様な会社のCMが増えてきたと感じる。これまではテレビCMといえば、比較的予算のあるナショナルスポンサーだけが出稿できるマスメディアの王様ともいうべき存在であったが、今では数万円からCMを出せることを謳うサービスもでき、さらにWeb上で購入や入稿までできるものもある。広告メディアを使う事業社やニーズ、予算などが多様化し、以前に比べて、門戸が開かれてきていると感じる。

昨今の環境変化も影響し、個人で事業を営む人が増えたり、次々と新しいベンチャー企業が生まれたりしている状況では、誰にでもやさしい購買手段の提供が媒体主側にも求められているといえる。

そんな中、メトロアドエージェンシーは10月14日に「アドターミナル」という新サービスをリリースした。これは、Webサイト上で東京メトロの全ての交通広告メディアが検索でき、さらにその場で購入の申し込みができるというものだ。通販サイトで買い物を楽しむように、メディアを場所や種類といった様々な条件から探せ、カートに追加することができる。また購入の手続きも、従来の請求書発行に加え、クレジットカードでも決済できるのが特徴的だ。

本サービスを開発した同社営業本部ビジネス開発局によると、冒頭で挙げたような課題が交通広告界でもあり、特に「購買方法や費用感のわかりづらさ」によって機会損失が発生している状況があったという。例えば、あるお店の店主が駅の中を歩いていて...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

バズる心構えはできているか?
「交通メディアを誰にでも気軽に」(この記事です)
コロナ禍で得た手法、非接触のテスター
購入者を楽しませる、パッケージデザインの醍醐味
スマホのミュートを解除させるほどのコンテンツ
交通広告の活用で新規登録者数が4倍に!
実演展示のインパクトと、実施力
伝えるスピードが早い、勢いがあるデザイン
無形サービスのSNS活用事例「YOUTRUST」
データ連携で視認者の気持ちに寄り添う「空気を読むメディア」
「美味しさ」と「食べやすさ」を見事に表現している食品サンプル
レトロが心地よい、心のあるパッケージデザイン
スマホとPCで見えている世界は異なる
ビルから飛び出す街のアイコン クロス新宿ビジョン「巨大3D猫」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する