販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

アートの力でWOW!を創出

平井健一郎

今年5月、佐賀県のデパート「佐賀玉屋」の壁面に、3月に亡くなった五輪金メダリストの柔道家古賀稔彦さんの巨大壁画が描かれた。壁画のサイズは高さ10m幅6mで、背負い投げを行なうシルエットに1992年バルセロナオリンピックで金メダルを獲得したときの雄叫びをあげる古賀さんの横顔が描かれている。今回この壁画アートを手掛けたOVER ALLsの代表取締役社長 赤澤岳人氏に、本企画の趣旨や公共空間のコミュニケーションにおけるアートの持つ力について話をお伺いした。

佐賀玉屋に描かれた古賀さんの壁画。

今回話をお伺いしたOVER ALLs代表の赤澤岳人氏(左)と、壁画を描いた画家の山本勇気氏(右)。

本質を気付かせてくれるきっかけ

今回の壁画プロジェクトは、福岡・佐賀北欧3カ国ホストタウン応援推進協議会の発案でOVER ALLsに依頼があったことで始まった。佐賀県出身の古賀さんをしのび、東京五輪の機運を高めることが狙いだという。もともと古賀さんが走る予定だった聖火リレーコース沿いの壁面に3日間かけて制作されたそうだ。

今回の東京五輪開催にあたって、「本当に実施できるのか」「どうやって進めるのか」といった「How」に関する意見が飛び交っていたが、オリンピックは本来人々に感動を与える「WOW!」の祭典ではないかということを改めて思い出してもらうきっかけをつくりたかったという。

この巨大壁画は...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

「ファンベース」に「SNS」は不可欠?
アートの力でWOW!を創出(この記事です)
買い物行動に合致するサイネージ什器
ファミマの「なんか綺麗でオシャレそうな物」
海外バイヤーに向けたBtoBライブコマース
SNSは情報発信だけではなく「傾聴」活用にも
VR空間の活用で広告効果を可視化
熟練の職人たちの技術を可視化するPOP
北欧デザインの食品パッケージ
株主総会におけるライブ配信活用
SNSで顧客の輪を広げていく手法
マンガの世界を同じ空間で再現するOOH
間違えたくない顧客の気持ちを汲み取った店頭ツール
和蝋燭のパッケージにみる伝統文化の力

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する