販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

VR空間の活用で広告効果を可視化

平井健一郎

今年3月、OOH広告のオンラインマーケットプレイスを手掛けるPalledAd(パルダッド)は、東京大学社会戦略工学研究室とともにVR空間を活用した広告効果可視化のための共同研究を開始したことを発表した。今回、同社代表取締役の安彦 賢氏に、本取り組みの狙いやOOH業界のDXに向けた想いをお聞きした。

双方を結ぶ「広告版メルカリ」

PalledAdは、2018年5月安彦氏が大学2年生の時に立ち上げた東大発のベンチャー企業だ。ウェブ広告は個人でさえも気軽に媒体の売買ができる仕組みがあるのに、オフライン広告ではそれがないことに疑問を感じたことが同社を始めたきっかけだそうだ。特に、リアルなOOHメディアはプランニングから購買までの手続きが煩雑で、枠を押さえるまで1週間ほどかかってしまうケースも珍しくない。メディアを使いたい人と、提供したい人を結ぶ「広告版メルカリ」のようなサービスをつくりたいという。

OOH広告のマーケティングプラットフォーム「AdVice」では、特に「広告効果の数値化」と「広告取引の利便性向上」に重きを置いている。現在は、広告主や広告会社向けにサービスを公開している。媒体主と直接つながっているため、プランニングからバイイングまで最短1時間で完結できるそうだ。

例えば画面上で予算と目的を設定すると、そのターゲットに対して費用対効果が最大化するOOHメディアの...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

海外バイヤーに向けたBtoBライブコマース
SNSは情報発信だけではなく「傾聴」活用にも
VR空間の活用で広告効果を可視化(この記事です)
熟練の職人たちの技術を可視化するPOP
北欧デザインの食品パッケージ
株主総会におけるライブ配信活用
SNSで顧客の輪を広げていく手法
マンガの世界を同じ空間で再現するOOH
間違えたくない顧客の気持ちを汲み取った店頭ツール
和蝋燭のパッケージにみる伝統文化の力
ライブコマースサービスの事業譲渡に見る今後
生活者にSNSでシェアされるコンテンツとは?
位置情報によるアカウンタビリティ強化
ページをめくらせる行動を誘引する仕掛け
普遍的なパッケージだからこその空気感

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する