販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

コンビニでも、体験購入

ユニリーバ・ジャパン AXE フレグランス ボディスプレー販売什器



消費者は買い物をするとき、買うものや買い方によってさまざまな業態を使い分けている。食事の材料を買うならスーパーへ行ってメニューに思いを巡らせ、突然必要となった日用品などはコンビニエンスストアへ行けば入手できる。商品説明が必要な家電や化粧品は販売員のいる家電量販店や専門店へ赴き、自分で選べるのであればホームセンターやドラッグストアで気軽に購入する。種々の商品や買い方に合わせて業態が存在しているとも言える。

この中へネット通販という新たなチャネルが登場し、改めて各業態の役割が見直されていると思う。商品確認をまったく必要としない買い物は、ネット通販を利用するほうが効率的である。ネット通販を利用する商品と、そうでない商品も明確になってきた …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

消費者一人ひとりの「欲しい」をAIで解析
コンビニでも、体験購入(この記事です)
LOHACOとパッケージデザインの未来
AIは魔法の杖じゃない
瞬時に理解させるジオラマ
販促パッケージとブランド
成果を出すAIをつくるのはヒト
デモンストレーションをする什器
使用機会を増やすには
AIが紙とえんぴつになる日に向けて
次代の施策にもつながる売り方とは
届けるべき言葉をすばやく載せる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する