販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

LOHACOとパッケージデザインの未来

キレイキレイ泡ハンドソープ ライオン


メーカー48社による58の商品が並ぶ「暮らしになじむLOHACO(ロハコ)展2018」が、10月5日から10日にかけて開催された。ネット通販サービス「LOHACO」が主催する展覧会だ。会場は「代官山 T-SITE GARDEN GALLERY」(東京・渋谷)。

4回目の今年はデンマーク大使館、スウェーデン大使館が後援した。デンマーク語で「満ち足りた、心地よい」という意味の、「HYGGE(ヒュッゲ)」をテーマに開発された商品が一堂に会した。ふだん、スーパーやドラッグストアで売られているのとは異なったパッケージばかりで、作り手が悩みながらも、楽しんで制作したことが伺える。

「LOHACO展」で見られるような、Eコマース向けのパッケージデザインは、販促目的の直接的なキャッチフレーズなどを配す必要がなく、店頭販売と比べて表現の自由度が高い。かといって、あまりに既存品と異なるデザインをほどこすと、メーカーがこれまで築いてきたブランド資産を壊してしまうおそれもある …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

消費者一人ひとりの「欲しい」をAIで解析
コンビニでも、体験購入
LOHACOとパッケージデザインの未来(この記事です)
AIは魔法の杖じゃない
瞬時に理解させるジオラマ
販促パッケージとブランド
成果を出すAIをつくるのはヒト
デモンストレーションをする什器
使用機会を増やすには
AIが紙とえんぴつになる日に向けて
次代の施策にもつながる売り方とは
届けるべき言葉をすばやく載せる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する