販売促進の専門メディア

           

もっと購入に結びつくPOP 使い方と作り方

オープンしたての店舗に潜入 店頭施策フォトレポート 01

旬八キッチン&テーブル

言わずと知れたビジネスパーソンの街、東京・新橋に、青果店が運営する飲食店が開店。その名も「旬八キッチン&テーブル」。運営企業はアグリゲート(東京・品川)だ。10月18日に開いたばかりの店内を紹介する。

「旬八キッチン&テーブル」は平日朝8時~11時までをモーニング、昼11時~夕方4時までがランチ、夕方4時~夜10時までがセルフバーと、各時間帯で業態を変えるのが特徴。土日祝日は昼11時~夜8時までセルフバーとなる。いずれの時間帯も同店では野菜やくだものを販売する。

野菜とくだものには、それぞれ名称、産地、価格とともにスタッフからのコメントが添えられている。料理法(焼く・煮る・炒める・蒸す)と、味(甘み・苦み・特徴なし)で大まかに分類し、スタッフが味を確かめるなどして書いている。

産地直送の「桃太郎トマト」。「旬八キッチン&テーブル」のスピンアウト元、「旬八青果店」ではJAとの取引のほかに、約100産地、300以上の農家と契約している …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

もっと購入に結びつくPOP 使い方と作り方の記事一覧

もっと購入に結びつくPOP 使い方と作り方の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する