販売促進の専門メディア

           

もっと購入に結びつくPOP 使い方と作り方

困った時はインプット 何も浮かばない時の「観察」のすすめ

売れるPOPの基本 8つのポイント」を押さえたら、応用編も試したい。ここでは良いアイデアが湧かないときの、対処法をご紹介します。

POPをいちから制作する際に悩むのは、とにかく頭に何もイメージがわかないとき。紙に商品名と値段を書いて「まあいっか」となってしまうこと、ありませんか?そんな時には「観察」がおすすめ。まずは「自分の買い物の観察」。何がきっかけで自分はその店舗に入ったのか、なぜその商品の前に立ったのか、なぜ商品を手にとったのか...。自分の買い物を観察し、行動の動機を細かく確認していくと、購入の理由が見つかるはずです。その理由をひとことでまとめてみましょう。

もうひとつが「繁盛店のPOP観察」。人気のお店でつい吸い寄せられてしまったPOPがあったら、そのまねをしてみることです…

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

もっと購入に結びつくPOP 使い方と作り方の記事一覧

もっと購入に結びつくPOP 使い方と作り方の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する