販売促進の専門メディア

テクノロジーとインサイトで描く マーケティングの未来予想図

実用化進む「バーチャルリアリティ」 省スペースで商品を疑似体験

市場直宏氏(大日本印刷)

すっかりなじみ深い言葉になったバーチャルリアリティ。エンタメだけでなくビジネス分野へも浸透しつつあります。

今月のテーマは

「バーチャルリアリティ」

市場規模が拡大 注目高まるVRとAR

ヘッドマウントディスプレイの小型化や、スマートフォンの高性能化などの技術革新によって「VR(仮想現実)」「AR(拡張現実)」の注目度が高まっています。

「VR」はヘッドマウントディスプレイといったデバイスを用いることで、仮想空間に没入できるため、ゲームなどエンターテインメント分野ですでに本格活用されています。現在は産業やセールスプロモーションの分野にも広がりつつあります。

一方で、スマホやスマートグラスなどの新たなデバイスの登場により「AR」も急成長すると予測されます。現実世界に情報を付け加える「AR」は、産業などの専門的な領域だけでなく、日常生活で手軽で便利に使えるツールとして、幅広い分野に応用されるでしょう。

精度高い3DCGをデータから制作

DNPは、1990年代から立体映像による「VR」や、CGとインタラクティブ技術を用いたコンテンツやシステムをつくってきました。それらは美術品のアーカイブや展示、商業面では自動車のカタログやWebなど、さまざまな分野で活用されています …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

テクノロジーとインサイトで描く マーケティングの未来予想図 の記事一覧

実用化進む「バーチャルリアリティ」 省スペースで商品を疑似体験(この記事です)
データの時代だからこそ 新たな価値生む写真プリント
購買履歴データは統合して活用する時代へ
消費者行動に合わせて情報接点を構築
MAツール導入は「作業」と「思考」担当分野の見直しから
キャッシュレス化社会で広がる「決済連動マーケティング」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する