販売促進の専門メディア

Pick Up!(PR)

施策の効果を見える化 ソーシャルリスニング

ロクシタンジャポン×ブレインパッド

宣伝会議は8月28日、29日の両日、ことしで10回めとなる「宣伝会議プロモーションフォーラム」を開催した。テーマは「テクノロジーとクリエイティビティで販促を再定義する」。全42講演の中から、6講演をピックアップしてお届け。



オフライン広告を用いたクロスメディアキャンペーンや、インフルエンサーを起用した施策など、効果測定をしづらい施策は、次の企画時にどう改善すべきか。こうした、効果を客観的な指標で示しづらい施策を、PDCAサイクルに乗せるための解決策が、ソーシャルリスニングだ。ソーシャルメディア上の消費者の声を収集・分析し、マーケティングに役立てる手法を指し、数値だけではわからない消費者の反応を、定量、定性の両面から分析できる点が強み。

ロクシタンジャポンもソーシャルリスニングを活用する企業のひとつ。ブレインパッドのソーシャルデータを独自アルゴリズムで分析するツール「クリムゾンヘキサゴン」を活用している。「ロクシタン」は主要となる25歳~60歳女性には高いブランド認知を誇るものの、次の成長に向けた一手を模索していた。

そこで、既存顧客の購買頻度の向上と、非購買層の購買率を高めることを目標に設定。その中でも非購買層へのリーチを目的とした写真共有SNS「Instagram」上での消費者の反応を施策の判断材料のひとつとして分析を重ねた。

8月に渋谷旗艦店をリニューアルした際には、いままでの分析結果をふまえて、ロクシタンと親和性の高いフォロワーを持つインフルエンサーを軸に投稿を促すなど話題性喚起に大きく寄与することができた。

「ソーシャルリスニングの要点は、どんな施策を打つとどのような反応があるか、得たデータから規則性を導き出すこと。推測の精度を高めることが、プロモーションでの成果につながります」(楠氏)


ロクシタンジャポン
デジタルマーケティング本部
本部長
吉屋智章氏

ブレインパッド
デジタルソリューション本部
コンサルタント
楠龍平氏

Pick Up!(PR) の記事一覧

施策の効果を見える化 ソーシャルリスニング(この記事です)
SNSユーザーの心を掴む 漫画マーケティング
メールアドレス獲得とカード利用を促進
AIと基幹データ連携広告配信で ROIの限界を超える
SEOは、より良い検索体験の追求へ
アプリで変わる 新たな販促のカタチ
データで把握 重層化する顧客時間 明日のダイレクトコミュニケーション
「医師の推奨」活用で商品の差別化図る
「ペルソナ」と「食卓」から紐解くマーケティング戦略
2019-2020年注目ポップアップスペース
MLB球団の本拠地で日本産食材扱う店を訴求
プリンターで来店促進? スマホ教室でも利用
「実需調達型」のプラットフォームで販促ツールの最適化を
ダイレクトマーケティングを次のステージへ 新分野の人材も集約、専門力を強化
「Shufoo!」個店発信を強化 無償利用メニューを開始
リアル×デジタル時代のよりよい購買体験とは
ポップアップストア活用法 世界観の体験がポイント
現場主義の人材活用制度が働くひとを活性化
イケてる『バイヤー』がそろった次世代コンテンツブティック

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する