販売促進の専門メディア

Pick Up!(PR)

イケてる『バイヤー』がそろった次世代コンテンツブティック

オールブルー

うつろう消費者の関心をひきつけるには。コンテンツを調達し、課題解決に生かす新興企業が躍動を始めている。

写真左から、町田弥生氏、大野陽平氏、丸山紘史氏、助野太祐氏、明賀大介氏、武生真耶氏

プロモーションを自走させるコンテンツ

オールブルーは、「コンテンツブティック」を掲げる新進の企業だ。2013年7月に営業を開始した。「コンテンツブティック」とは耳なじみのない語句だが、実態には沿っている。顧客に必要なコンテンツを調達、提供することが、オールブルーの事業のエンジンとなっているからだ。

もちろん、コンテンツありきではない。ブランド、商品やサービスが持つ課題を、ターゲットとコンテンツのかけ合わせで解決する。サラリーマン、主婦、女子高生などといったターゲットをまず定め、次に相性のよいコンテンツを探す、というのが基本方針だ。

オールブルーの助野太祐社長は、「広告もプロモーションもコンテンツ化してファンを増やす」ことを掲げる。

クライアントはメーカーからインフラ、地方自治体まで幅広い。

「テレビCMありきじゃない提案を頼みたい」というクライアントの声も増えてきたという。そうした顧客に対し、「プロモーション自体をコンテンツ化し、自走させる」と助野社長は力を込める。なぜそこまで、コンテンツに力を注ぐのだろうか。

それは、助野社長が某飲料メーカーを顧客に持つ営業担当だったころまでさかのぼる。当時はテレビCMを制作したり、サンプリングをしたりと、空中戦から店頭までさまざまなタイプの販促に携わっていた。

「あるとき、某映画とのコンテンツタイアップを企画したのですが、その際にモノと人が激しく動いたのを目の当たりにしました。時代時代で人の集まるメディアは移り変わりますが、結局、コンテンツが一番強い。さまざまな広告表現を否定するわけではありませんが、私はコンテンツの突破力を感じています」

オールブルーのチーフコンテンツオフィサーを務める、丸山紘史取締役も口をそろえる。「私も、数年来担当する企業が、いろいろな施策を打っていたんですが、あるキャラクターを出したときに、すべてを蹴散らしていくのを目の当たりにしました。いまもグッズは人気。広告といえば広告ですが、キャラ単体として愛されているのが衝撃でした」



購入1袋=1票で、応援したいアイドルに投票できる企画。「たまたま2016年のキーワードは『アイドル』だった。そのとき、世の中の関心事であるコンテンツに焦点を置くことが重要」(助野太祐社長)。16年7月19日〜11月15日で総投票数は約2万9000票。



住宅設備・建築資材のサンワカンパニーの消費者向け施策。CMでなく「使える・生活できるショールーム」を核に。東京・北青山の空き家を『VERY』モデル滝沢眞規子さん監修でフルリノベした。半年間予約は一杯で、「ママ会」などに使われSNSで話題に。



「ThinkPad」「YOGA」などレノボの商品や技術を、若年層に訴求すべく、鎌倉市由比ガ浜の海の家をジャック。指紋認証での決済など、最先端の体験の場に。権利関係が厳しい海の家だが、オールブルーの明賀大介氏が根気強く交渉し、実施に至った。



5つの国と地域での訪日観光客向け施策。オールブルーは、各国のPR会社・イベント会社と直接交渉し、プロジェクトを進めた。「海外では直に力量を見るのが重要。無名でも優秀かつ丁寧で、スピーディーな企業を見つけるのがカギ」(助野社長)

世の中が注目する機を狙いタイムリーに発信する

オールブルーは決まった手持ちのコンテンツの提携先を探すのが仕事なわけではない。あくまでマーケティング上有効なコンテンツを調達し、プランニングするのが業務。となると、肝心なのは、実際に自らの足を動かし、五感を最大限働かせること。しかし時間は有限だから分野はしぼる必要がある。となれば、興味の向く先が効率的だ。オールブルーのメンバーはそれぞれ、イベント、タレント、音楽、ファッション、アニメ……と、造詣の深い分野が異なる。

アンテナは国境を超え、世界中に張っている。各人が、おのおのの業界へのネットワークを持つ点も強み。同社では、各スタッフがインプットの時間を大切にしている。

「大体、社員は夜6時30分〜7時30分ごろにはオフィスを後にします。以降は情報収集の時間。それを前提に、日中の仕事を入れているのです。われわれの理想は、生活の延長が仕事であるような、調和の取れた状態。ワークライフバランスの一歩先、ワークライフハーモニーを意識している」と助野社長は明かす。

たとえば丸山氏は週に3回は、あらゆるトレンドの発信源をめぐり、若者世代や主婦層などの関心事を探るという。またあえて“注目されつつある”イベントやスポット等に行ってネットワークを築いていく。

「トレンドになってから探すのでは遅い。世の中の視線が集まった際、タイムリーに起用するから効果があるんです。ふだんからアンテナを張り巡らせ、わたりをつけておかなくてはなりません」(丸山氏)

24時間働く、すべてを仕事に生かす、といった野暮ったさは全くない。消費者が話題の店に集まり、人気のアーティストなどの商品を手に取るのと同じ感覚なのだ。そうした意味でもまさにブティック。オールブルーのメンバーは、流行りものが好きで、仕入れて提供する、コンテンツバイヤーと言えるかもしれない。

    お問い合わせ

    株式会社オールブルー

    http://allblue.jp/
    東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館 16F
    TEL.03-6441-9041

Pick Up!(PR) の記事一覧

イケてる『バイヤー』がそろった次世代コンテンツブティック(この記事です)
発掘! 新たな交通広告・OOHのアイデア グランプリは...?
ユニークな「◯◯型」が勢揃い 強く印象を刻み込む体験性DM
渋谷のプロバスケチームが秘する「企画力」
印刷物ツールの体験価値は、商品価値の一部を担う
「その場プリントで満足度増」キリン横浜工場
「PARCO_ya」オープンで効果を発揮した位置データ
広告チラシがなくなる日 「O2S」で費用対効果を高める

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する