販売促進の専門メディア

Pick Up!(PR)

SEOは、より良い検索体験の追求へ

Faber Company

宣伝会議は8月28日、29日の両日、ことしで10回めとなる「宣伝会議プロモーションフォーラム」を開催した。テーマは「テクノロジーとクリエイティビティで販促を再定義する」。全42講演の中から、6講演をピックアップしてお届け。



インターネット上に溢れる膨大な量のコンテンツの中から自社に目を留めてもらおうと、SEO対策に取り組む企業は多い。SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、「検索エンジン最適化」のため検索キーワードを多く含んだテキストを入れることなどが一般的だ。

しかしFaber Companyの月岡克博氏は、「今後は検索エンジンを見ているだけではいけない。SEOをSearch Ex-perience Optimizationと再解釈し、ユーザーの検索体験の向上を追求するべきだ」と話す。

背景には、検索エンジンがユーザーの検索意図を推測する能力の向上がある。「私たちもユーザーがなぜそれを知りたいのか、しっかりと把握したうえでコンテンツをつくらなければ、検索には応えられない」(月岡氏)

月岡氏によるとより良い検索体験を提供するためのポイントは3つ。「検索意図の把握」「ユーザーの情報満足度」「集客後のゴール設計」だ。

「検索意図の把握」は、検索候補ワードや検索の上位表示サイト、Q&Aサイトといったものから情報を取得することで可能。

「ユーザーの情報満足度」は、コンテンツのスクロール率や読了率を分析し、より読まれるコンテンツに改善すること。「集客後のゴール設計」とは、すぐに目標を達成することを期待せず、メルマガ登録やサンプル配布などのライトなコンバージョンポイントや中間KPIを設定することで、最終的なコンバージョンにつなげていくことだ。ユーザーの検索体験の向上のために何をすべきか。今一度、SEO見直す必要があるだろう。


Faber Company
エグゼクティブ・マーケティング・ディレクター
月岡克博氏

Pick Up!(PR) の記事一覧

施策の効果を見える化 ソーシャルリスニング
SNSユーザーの心を掴む 漫画マーケティング
メールアドレス獲得とカード利用を促進
AIと基幹データ連携広告配信で ROIの限界を超える
SEOは、より良い検索体験の追求へ(この記事です)
アプリで変わる 新たな販促のカタチ
データで把握 重層化する顧客時間 明日のダイレクトコミュニケーション
「医師の推奨」活用で商品の差別化図る
「ペルソナ」と「食卓」から紐解くマーケティング戦略
2019-2020年注目ポップアップスペース
MLB球団の本拠地で日本産食材扱う店を訴求
プリンターで来店促進? スマホ教室でも利用
「実需調達型」のプラットフォームで販促ツールの最適化を
ダイレクトマーケティングを次のステージへ 新分野の人材も集約、専門力を強化
「Shufoo!」個店発信を強化 無償利用メニューを開始
リアル×デジタル時代のよりよい購買体験とは
ポップアップストア活用法 世界観の体験がポイント
現場主義の人材活用制度が働くひとを活性化
イケてる『バイヤー』がそろった次世代コンテンツブティック

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する