販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第10回販促コンペ、協賛企業賞の発表(3)

「協賛企業賞」は「第10回販促会議企画コンペティション(販促コンペ)」への協賛企業全29社が提示した30課題に対し、1点ずつ選ばれる栄誉です。すでに受賞者の企画書や協賛企業からのコメントは小誌『販促会議』10月号にて発表しておりますので、今回は受賞者コメントをお届けします。

受賞者コメントからは企画完成までの苦悩、ひらめき、注意したポイントなどが聞こえてきます。ここに協賛企業の心を揺さぶったヒントが隠されているかもしれません。

課題 21
日本農産工業

企画名「はじめてのたまご手帳」

鈴木 果凜氏

受賞者コメント

日本農産工業さま、この度はこのような栄誉ある賞に選出していただき、誠にありがとうございます。今回、「ヨード卵光」だからできることってなんだろう、をひたすら考え、徹底した品質管理と裏側にある温かさや優しさを施策に落とし込むことを目標に企画しました。

広告会社に入社して数カ月しか経ってない中で、その企画の意図がちゃんと伝わり、協賛企業賞に選んでいただけたことは私にとって最高の励みになりました!ここで満足せずに高みをめざし、発想力を研いで、研いで、研ぎ澄ましていきたいと思います。この度は本当にありがとうございました。(鈴木)


課題 22
はくばく

企画名「もち麦で朝活ごはん」

三上 智広氏

受賞者コメント

このたびは素晴らしい賞をいただき、ありがとうございます。数多くの応募作品のなかから選出していただき、とても光栄です。今回の企画を考える上で意識したことは「食」を通じての「暮らし」の充実です。ターゲットの年齢層に近いこともあり、割と素直な企画に落としこめたのではないかと思います。

応募期間に試しに食べはじめた「もち麦ごはん」も、すっかり習慣化いたしました。励みをくださいました「はくばく」の皆さまに心から感謝申し上げます。2年連続W協賛企業賞という実績も、大きな自信につながりました。(三上)


課題 23
B-R サーティワンアイスクリーム

企画名「EveryDay 31 hunts!」

小林 優介氏

受賞者コメント

"習慣化=「つい」"をテーマに、生活の中に溶け込むことができるプロモーションをめざしてプランニングした結果、【「31」という生活の中に溢れている数字をコミュニケーションの起点として活用する】というシンプルかつ「つい」を実現できる企画に落とし込めたかなと思います。

これからも、人々の生活により溶け込むことができるコミュニケーションプランを創っていけるよう精進して参ります。今回は大変光栄な賞をいただきとてもうれしく思います。サーティワンの皆様、関係各所の皆さま、改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。(小林)


課題 24
不二家

企画名「ミルキーで元気出してね。ペコねえさんCP」

岡本 早樹氏、塚 潔氏、水野 裕治氏、
宮永 優太郎氏、若林 圭太郎氏

受賞者コメント

この度は協賛企業賞をいただき、誠にありがとうございます。「10年以上ミルキーを買っていない人」の気持ちになりきり、毎日オフィスでミルキーを食べました。チョコや飴とは違った優しいママの味…。すごく癒されました。大人は疲れた体に癒しを求めている。そこでチームで「格言を語ってもらう」というアイデアから生まれた「ペコねえさん」。メモを折りたたむと素敵な体操座りをするのもポイントです。皆さんも、ミルキーと「ペコねえさん」に癒されたくないですか。(岡本)


課題 25
渕上ファインズ

企画名「DRESS TOSS」

佐藤 桃子氏、山本 麻友美氏

受賞者コメント

私たちは卒花嫁とプレプレ花嫁です。経験者だから分かるドレス選びのあるあるや後悔、そして未経験者だからこその不安や期待を話しながら企画しました。特別な意味を持つ純白のドレスは、本番までInstagramに投稿されづらいんです。そのため、「人生を彩る」の意味も込めて、好きな色のカラードレスを着る体験を届けられたらと考えました。

さまざまな伝統やジンクスがある一方で、次々と流行が生まれているウェディングシーン。「DRESS TOSS」が、幸せの定義が多様化している現代ならではの、新しい文化になったら素敵だなと思います。(一同)


課題 26
ミルボン

企画名「ミルメイド」

蔵敷 夏実氏

受賞者コメント

「うーん、でも、いつだってキレイになりたいんだけどなぁ。」そんなモヤっとした気持ちからスタートした販促会議賞。美容室に行って、ミルボンさんのトリートメントをしたせいか、私も企画も、一緒にキレイに!仕上げることができました。すてきな賞と、アイデアに頭をひねる楽しい時間を、本当にありがとうございました!(蔵敷)


課題 27
八重洲地下街

企画名「『ヤエチカ市、市民募集』」

時田 心太郎氏

受賞者コメント

【もしも、来年の販促コンペの頃…】この企画が実現していたら。初代ヤエチカ市民になって、あなたの声やアイデアで一緒に盛り上げて頂けませんか?実際行ってみると「こんな場所だったんだ!」と発見の連続でした。

オトナのカフェも、モツが美味い飲み屋もある。ファッションや雑貨はもちろん、病院や郵便局まで!通るだけでも『いつもの毎日が、ちょっと新しく、楽しくなる』ヤエチカ。あなたにとっての3rd placeのようなお店にきっと出会えると思いますよ。企画が実現していても、いなくても。ぜひヤエチカに足を運んでみては?(時田)


課題 28
有楽製菓

企画名「ブラックサンダーチャージ」

佐々川 雄貴氏

受賞者コメント

この度は協賛企業賞に選んでいただき、誠にありがとうございます。自宅ではテーブルの上、会社ではディスプレイの前にブラックサンダーを置いて商品がいつでも目に入る日々の中でアイデアを考え、休憩中スマホを触っている時に"ブラックサンダーと充電"の親和性にたどり着きました。

従来のブラックサンダーのプロモーションはどれもユニークで、一ユーザとしていつも驚かされていたので本企画で受賞できたことはとてもうれしく光栄に思います。この経験を糧に魅力的な企画を製作できるよう精一杯取り組んでいきたいと思います。(佐々川)


課題 29
ロイヤリティ マーケティング(Ponta)

企画名「「コドモも使える。オトナと使える。」親子ポンタカード」

大山 翼氏、國光 俊樹氏

受賞者コメント

受賞ありがとうございます!大変光栄です。少しでも協賛企業の皆さまのハートを揺さ振ることができたのであれば、幸いです。"良いプロモーション=良いデザイン"を実現し、デザインの力で販促領域をより前進させるべく、今後もチャレンジし続けます!(大山)

受賞ありがとうございます。プロモーションもユーザー体験を第一に考えたものであるべきだと考えた今回の提案を協賛企業の方々に選出していただけて嬉しいです!継続してブランドを育てるようなデザインを今後も生み出していきます。(國光)


課題 30
ローランド

企画名「Tone Painting」

圡田 紗友里氏

受賞者コメント

この度は協賛企業賞にお選びいただきありがとうございました。ピアノは人生で初めて触る楽器になることが多いと思います。主要なターゲットである「子どものためにピアノの購入を検討中の家庭」について考えたとき、店頭で試奏しづらいという課題を解決するとともに、純粋に「音を楽しむ」体験を与えることがブランドが愛されることにつながるのではないかと想像し、企画を考えました。

ヒントを与えてくれた、昔通っていたピアノ教室の先生とアドバイスをくれた大学の皆さんにお礼申し上げます。これからも人の心と行動を変える提案を続けていきたいです。(圡田)

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する