販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第10回販促コンペ、審査員個人賞の発表

第10回を迎えたことしの「販促会議企画コンペティション(販促コンペ)」には過去最多となる4088本の企画が集まった。厳しい審査の中、賞を獲得できたのはわずか40本(重複受賞は1本とカウント)。本号はグランプリほか、栄えある受賞企画や受賞者の喜びの声、審査員コメントなどを紹介するとともに、受賞者を称える贈賞式、入賞企画を決める最終審査会のもようを徹底リポートする。

【石田 琢二賞】
企画名「キティをピューロにつれてって」

溝端 友香氏

受賞者コメント

共感性の高いアイテム「ぬいぐるみ」を鍵に、企画を考えさせていただきました。こうして誌面で紹介いただけること、大変嬉しいです。ファイナリストまで残してくださった協賛企業さま、審査員のみなさま、そして審査員賞に選んでくださった石田さまに厚く御礼申し上げます。(溝端)


課題 13
サンリオエンターテイメント

    審査員コメント

    石田 琢二氏

    誰の家にもサンリオキャラのぬいぐるみの1つや2つはあるはず!でも、ぬいぐるみってなかなか処分できないもの。そんなターゲットのインサイトに目を付けたのがこの企画。まさにサンリオ版「お焚き上げ」です。でも、燃やされるのではなく、パレードに参加させることで成仏(?)できるという企画。なかなか良いです!


【奥谷 孝司賞】
企画名「サンリオパジャマパーティー」

井上 真美子氏、鎌倉 由佳氏

受賞者コメント

この度は、素晴らしい賞をいただき大変嬉しく思っております。メインターゲットが20歳代~30歳代女性ということで、ターゲットである自分たちが実際に行ってみたいと思える企画をめざし、昨今のおしゃれパジャマブームをふまえ、パジャマパーティーにたどりつきました。審査員個人賞として企画を選んでくださった奥谷孝司さま、また審査員の皆さま、販促コンペ事務局のみなさま、この度は誠にありがとうございました。(一同)


課題 13
サンリオエンターテイメント

    審査員コメント

    奥谷 孝司氏

    子どもだけでなく、大人のキティちゃんファンも喜ぶ企画。夜のサンリオピューロランドを探検したり、キャラクターとともに眠ったり、まさに「夢」のある企画。参加者の喜ぶ顔が思い浮かびます。難しいかもしれませんが、ぜひ実現してもらいたい。


【吉柳 さおり賞】
企画名「みどりのくすりばこ」

白石 大樹氏、中岡 知啓氏

受賞者コメント

審査員特別賞に選出いただき、ありがとうございます。考える楽しさ、カタチにする辛さ、報われる嬉しさ、届かない悔しさ。色々と味わえる素敵な機会になりました。今回の授賞を少しばかりの自信として、「人が動くコミュニケーション」という課題に、これからも挑んでいきたいと思います。(白石)


課題 15
住友化学園芸

    審査員コメント

    吉柳 さおり氏

    人間の健康医療マーケットでもトレンドとして起きている「未病」という考え方に似ていて、対処療法ではなく予防療法の視点で"買い方を変えさせる"というアイデアの視点が良いなと思いました。植物をペット同様に愛しているガーデニングユーザーのインサイトを捉えていると思います。


【児玉 昌彰賞】
企画名「EveryDay 31 hunts!」

小林 優介氏

受賞者コメント

"習慣化=「つい」"をテーマに、生活の中に溶け込むことができるプロモーションをめざしてプランニングした結果、【「31」という生活の中に溢れている数字をコミュニケーションの起点として活用する】というシンプルかつ「つい」を実現できる企画に落とし込めたかなと思います。

これからも、人々の生活により溶け込むことができるコミュニケーションプランを創っていけるよう精進して参ります。今回は大変光栄な賞をいただきとてもうれしく思います。サーティワンの皆様、関係各所の皆さま、改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。(小林)


課題 23
B-R サーティワン アイスクリーム

    審査員コメント

    児玉 昌彰氏

    「31」にまつわる企画というと、何かの「31種類」に目を向けがちですが、「身の周りのあらゆる31」をプロモーションの記号にしたところが、うれしい視点でした。子どもから大人までが宝探しのように「31」を見つけ、ご褒美を手にするために、サーティワンへ行くことでしょう。私も思わず周りを見渡し、「31」を探してしまいました。


【桜田 圭子賞】
企画名「Bottle Milky」

山下 亜利紗氏

受賞者コメント

ちょうど作品募集の頃に時間的な余裕があり、やってみるかと応募した企画でした。力まず、気楽にやってみたのが良かったのかもしれません。おかげでファイナリストにも名を連ねるまでに!選んでいただきありがとうございました。(山下)


課題 24
不二家

    審査員コメント

    桜田 圭子氏

    マーケティングにおいて「商品パッケージ」は大きな要素ですが、形状をボトル型、そして流行の透明にしたことで、ミルキー1粒1粒のかわいらしさや魅力を最大限に引き出しており、お菓子ではなく雑貨化させているところが素晴らしいと思います。また、ミルキー最大のブランド要素である「ペコちゃん」を忘れていない点も、ロジカルに考えられていることがうかがえました。


【佐々木 亜悠賞】
企画名「ヒストリーオブ31」

荒川 遼行氏、井出 舞氏、櫻井 健二氏、
鈴木 賢氏、松村 茜氏

受賞者コメント

この度は数多くの中から選んでいただきまして有難うございます。アイデアを形にするための一つ、写真を撮る仕事をしていますので今回は新鮮な思いで取り組む事ができ、スタッフ一同、無類の甘党だった事が功を奏したかはわかりませんが、一人のサーティワン愛から生まれた企画です。おもしろいアイデアと写真を、世に出せるよう努力していきたいと思います。(櫻井)


課題 23
B-R サーティワン アイスクリーム

    審査員コメント

    佐々木 亜悠氏

    平成の流行語を久々に口にしてみたい、という気持ちは、アイスを注文するときのちょっと浮かれている気分ととても良くマッチするのではないか、と思います。「バブル経済」というアイスは頼んでみたいし、食べたらソーシャルメディアで発信したくなる。そのモチベーションの作り方が上手で、良いアイデアだと思いました。


【富永 朋信賞】
企画名「死んだあとシミュレーター」

新里 真一郎氏、須藤 正晴氏、
藤井 拓氏、渡邉 拓也氏

受賞者コメント

この度はありがとうございました。本コンペのテーマのひとつに「人が動く斬新なアイデア」とあり、そこを突き詰めていったら、尖った企画になり過ぎました。だからといって、もう少し丸みのあるアイデアだったら受賞はなかったと思います。さじ加減、難しいですね。日常の仕事でも、ギリギリの所を狙いながら、人を動かすアイデアを追求していきたいです。(渡邉)


課題 18
東京海上日動あんしん生命

    審査員コメント

    富永 朋信氏

    生命保険の販売プロセスで必ず触れるべきだが、いざすれば顧客の不興を買いそうな「死んだあといくらかかるか」というアジェンダ。この鬼門を、アプリを提供することにより面白半分なプロセスに変換してしまえる秀逸なアイデア。物議を醸しそうなので実行に勇気はいるが、それだけに差別化のタネになりそう。


【藤井 一成賞】
企画名「ヤエチカ市、市民募集」

時田 心太郎氏

受賞者コメント

【もしも、来年の販促コンペの頃…】この企画が実現していたら。初代ヤエチカ市民になって、あなたの声やアイデアで一緒に盛り上げて頂けませんか?実際行ってみると「こんな場所だったんだ!」と発見の連続でした。

オトナのカフェも、モツが美味い飲み屋もある。ファッションや雑貨はもちろん、病院や郵便局まで!通るだけでも『いつもの毎日が、ちょっと新しく、楽しくなる』ヤエチカ。あなたにとっての3rd placeのようなお店にきっと出会えると思いますよ。企画が実現していても、いなくても。ぜひヤエチカに足を運んでみては?(時田)


課題 27
八重洲地下街

    審査員コメント

    藤井 一成氏

    分散型の経済圏を商店街がつくりだす。そんな未来も想像できるようになった今、商店街とお客さまが一体となって価値を共創するという企画の着眼点を評価しました。ヤエチカコミュニティの中で"市民"はどんな絆づくりや体験価値を得られるのか。ヤエチカのシチズンプライドを生み出す活動づくりが次の大きな課題になりますね。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する