販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第10回販促コンペ、協賛企業賞の発表(2)

「協賛企業賞」は「第10回販促会議企画コンペティション(販促コンペ)」への協賛企業全29社が提示した30課題に対し、1点ずつ選ばれる栄誉です。すでに受賞者の企画書や協賛企業からのコメントは小誌『販促会議』10月号にて発表しておりますので、今回は受賞者コメントをお届けします。

受賞者コメントからは企画完成までの苦悩、ひらめき、注意したポイントなどが聞こえてきます。ここに協賛企業の心を揺さぶったヒントが隠されているかもしれません。

課題 11
クラシエホームプロダクツ

企画名「naive Active Olive」

織田 章太郎氏、蚊爪 進氏

受賞者コメント

シンプルに突破できる、アイデアを練ったつもりです。評価いただき感謝しております!この企画が実現して実施されれば幸いです。(一同)


課題 12
コニカミノルタプラネタリウム

企画名「プラネタリウムの処方箋」

岩﨑 有紗氏、大川 将平氏

受賞者コメント

数ある応募の中から「協賛企業賞」に選んでいただき、ありがとうございます。繊細な社会人をターゲットに設定し、繊細で根暗な2人でアイデアを考えました。締め切りと治験アルバイトが重なり、薬の副作用と貧血で意識が朦朧とする中、アイデアを詰めていったのは良い思い出です(大川)

プラネタリウムの存在を刷新できるような提案をめざしました。提出直前に大川が採血で呼ばれ連絡できなくなったのはいい思い出です(岩﨑)


課題 13
サンリオエンターテイメント

企画名「男子サンリオデー」

竹内 希光氏、山内 潤氏

受賞者コメント

1990年生まれ。僕たちとサンリオピューロランドの共通点。幼少期に家族同士で行ったことを覚えています。そんな想い出が詰まったサンリオエンターテイメントさまから、賞をいただくことができて光栄です。3歳からの幼馴染の僕たちは、ことしも仲良しこよしで、たくさんケンカしながら、3度目の協賛企業賞を受賞させていただきました。これから先も、たくさんケンカしながら、たくさん賞を獲りに行きます。(一同)


課題 14
スタジオアリス

企画名「アリス手帳」

西口 滉氏、安田 桜子氏

受賞者コメント

この度は、数多くの応募の中からこのような栄誉ある賞に選んでいただき、誠にありがとうございます。いくつかのお題に取り組ませていただく中で、スタジオアリスさまのお題が1番スムーズに課題に取り組むことができました。というのも、課題に取り組んでいけばいくほど、僕ら2人の頭の中には両親への感謝と愛情が湧いていったからです。

スタジオアリスさまの取り組み×親のありがたみを伝えることをとにかく考え抜いた結果が、受賞へつながったのだと感じております。このようなお題に取り組めたことに心から感謝いたします。(西口)


課題 15
住友化学園芸

企画名「みどりの診療所_診療車」

井上 佳美氏、江嶋 大地氏、
田村 俊介氏、安福 桐子氏

受賞者コメント

この度は素敵な賞をいただき、ありがとうございました。家庭菜園をはじめたばかりのお母さんとお子さまが、お花や野菜の苗を選ぶ時と同じようにポジティブな気持ちで薬剤を知ってもらい選んでもらえたらよいなという思いで企画しました。飛びぬけた派手さのある企画ではないかもしれませんが、現実的で実現可能性にこだわったところは、私たちらしいのかもしれません。この受賞を励みに、日本のものづくりや商品の本当のよさをもっともっと多くの人に伝えていける仕事ができるよう邁進してまいります。(井上)


課題 17
中部国際空港

企画名「GPSで名古屋が輝く?」

福井 英明氏

受賞者コメント

協賛企業賞へのご選出、誠にありがとうございます。中部国際空港の皆さまに厚く御礼申し上げます。企画を考えるにあたり、「飛行機ならスグなのに」とつぶやきながら歩くという逆説的なアプローチは早い段階で着想を得たものの、それだけでは決め手に欠けるため、しばらく悩みました。

その時、たまたま見ていたテレビで幸運にもGPSドローイングのことを知り、うまく企画に組み込むことができました。最終的に色々と要素を詰め込み過ぎてしまい、企画書としてのまとまりには自信がなかったのですが、良い評価をいただけて大変うれしく思います。(福井)


課題 18
東京海上日動あんしん生命保険

企画名「生命保険も見直シネマ」

三上 智広氏

受賞者コメント

このたびは素晴らしい賞をいただき、ありがとうございます。数多くの応募作品のなかから選出していただき、とても光栄です。プロモーションの常套手段であるプレゼントや値引きが法律上NGという限られた条件のなかで、どう身近に感じられるようアプローチできるかを考えました。

最初は連動企画の方をメインに考えていたのですが、軌道修正をして良かったと思います。自分としても今回の企画立案を通じて、生命保険について見つめ直すきっかけになりました。改めて「東京海上日動あんしん生命」の皆さまに心から感謝申し上げます。
(三上)


課題 19
日本グッドイヤー

企画名「愛車の靴」

折笠 俊輔氏

受賞者コメント

今回の企画はVector 4seasonsならでは、にこだわって考えました。オールシーズン使えるという非常に差別化された商品であることに注目し、季節性とタイヤに対して低関与な消費者に訴求する視点から靴店にフォーカスを当てました。

実際、季節に関わらず使える点を訴求する「愛車の靴」販促はVector 4seasonsという商品だからこそ最大の効果を発揮するものです。マーケターの端くれとして、そして1人のクルマ好きとして日本グッドイヤーさまにご評価いただけたこと、とても光栄です。今後も精進して参りたいと思います。このたびは本当にありがとうございました。(折笠)


課題 20
日本航空

企画名「JAL CLUB ESTの入会数を爆発的に増加させる一番シンプルなアイデア」

石川 明大氏

受賞者コメント

この度はThanksでございます。私は営業として広告業界に関わってきましたので、「自分が売る立場ならどのような戦略を立てるか」というシーザー(視座)が企画考案の原点であり、強みだと考えています。「こうすればMOTTO売れる」という確信で挑戦した戦略を認めていただき、賞に選んでいただいたことは、正に営業冥利に尽きる出来事です。

この経験は何ものにも代えがたく、私の人生の宝物となったことは言うても言うまでもありません。勝利の美酒(麦酒)がこんなにうまいとは、こりゃまたマイル~。とにかくJALバンザイ!ありがとうございました!完(石川)

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する