販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第10回販促コンペ 協賛企業賞の発表(1)



ここでは協賛企業が選んだ「協賛企業賞」30作品を紹介します。

<こちらの記事で紹介する作品は、協賛企業賞1~10>

協賛企業賞1
作品名「休日のメガネ部」

本條 秀樹氏

課題 NO.1
アイ・トピア

地域に密着した「地域一番のメガネ店になる」ための企画

    協賛企業からのコメント

    冨田 恭平氏(マーケティング部 マネージャー)

    受賞おめでとうございます。地域の方々に長く選ばれ続けるブランド・店舗に近づくことが期待出来る素晴らしい企画でした。数ある中から弊社の課題にご応募いただきました皆さま、心より御礼申し上げます。選考は(1)実際に地域の方々に興味を持って参加いただける企画か、(2)他社との差別化になる企画かという観点を中心に評価・選考させていただきました。

    コアターゲットとなる40~60代のライフスタイルに合わせ「趣味をきっかけとしたメガネ利用者のコミュニティをつくる」とのアイデアは、ターゲット層のインサイトやライフサイクル・環境の変化にとてもフィットし、「そんなコミュニティがあれば自分が参加したい!」と思えた事が大きな評価ポイントでした。今回初めて販促コンペに参加し、気付いていなかった消費者目線や新たなアイデア・発想を多く学びました。心より御礼申し上げます。

協賛企業賞2
作品名「THE SUIT LAUNDRY」

飯田 羊氏、太田 文也氏

課題 NO.2
青山商事

20代~30代のビジネスマンがTHE SUIT COMPANYを利用したくなる企画

    協賛企業からのコメント

    神尾 博和氏(TSC事業部プレス・マーケティンググループ マネジャー)

    この度は受賞おめでとうございます。

    10代・20代の世代へ向けたプロモーション企画ということで募集した企画でしたが、デジタルに目を向けがちな中、現代のライフスタイルに寄り添った素晴らしいアイデア企画でした。

    広告の主体を「コインランドリー」にすることでターゲットが明確で、且つ人間の行動心理まで考えられた企画として分かりやすい内容でした。

    最後にはなりますが、改めて弊社企画にご応募頂き、誠に有難うございました。受賞作品以外にも沢山のご応募を頂きました。心よりお礼を申し上げます。是非、今後の参考にしていきたいと思います。

協賛企業賞3
作品名「ASAHI四十八手」

西口 滉氏、安田 桜子氏

課題 NO.3
アサヒビール(生ビール)

飲食店さまで生ビールをもっと飲みたくなるアイデア

    協賛企業からのコメント

    西門 紀昌氏(営業本部業務用統括本部業務用統括部 担当副部長)

    この度は受賞おめでとうございます。オリエンテーションでも紹介した「外飲み」でのお客様の期待価値「楽しくなりたい」にストレートにお応えいただいていることが本企画の一番の選定理由です。二つ目は瓶ビールを注ぎ合う行為に着目し、"人と人とを繋げる"コミュニケーションツールという価値を見出された点です。売り上げを増やすという目的はもちろん、コミュニケーションの機会・場の提供という大きな概念を背景にした提案にストーリー性を感じました。三つ目として導入・実現が比較的簡単なことを挙げさせていただきます。

    今回は199件ものご応募をいただき誠にありがとうございました。ワクワクする企画がたくさんあり、絞り込みは非常に難しい作業でしたが、我々自身が"ビールの価値"を考え直す良い機会になりました。ご応募いただいた皆様、運営の関係者様に心より感謝申し上げます。

協賛企業賞4
作品名「青空スナック」

石田 光彦氏、井戸 深水氏、髙本 智倫氏、竹内 真吾氏、東 香菜子氏

課題 NO.4
アサヒビール(焼酎)

本格芋焼酎「金黒」を、30~50代男性に知ってもらい、飲んでもらえるための企画

    協賛企業からのコメント

    上野 貴也氏(マーケティング本部マーケティング第二部 次長)

    この度は受賞、誠におめでとうございます …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する