販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第10回販促コンペ、最終審査員による講評

ここでは、最終審査員による応募企画全体の講評をご紹介します。

講評

最終審査員

    【審査員長】
    博報堂ケトル
    代表取締役社長/編集者
    クリエイティブディレクター
    嶋 浩一郎氏

    審査の読後感はハッとするアイデアより、ジワジワくるアイデアが目立ったこと。ローランドの企画で、電子ピアノを試してみたい人の家に運び、まずは使ってもらうという企画があった。一見誰にでも思いつきそうな企画にみえる。でもリアリティを持ってシミュレーションしてみると意外によく練られた企画なのではと思った。

    家に楽器を置くっていう行為は意外に大変だ。家具のレイアウトを変えたりして場所を確保しなければいけない。そこまで苦労して家に招き入れた商品をすぐに返品してしまうだろうか。このままずっと置いておいてもいいかなって気分になるのではないだろうか。実に、ジワジワくるアイデアだ。人が動くということを審査基準にしてきた販促コンペの進化を見た気がした。

    【審査員】
    アサツーディ・ケイ
    コミュニケーション・プランニング本部
    コミュニケーション・ディレクター
    石田 琢二氏

    今回も楽しく審査させていただきました。各賞を受賞された企画は、どれも消費者のインサイトを見事に見つけており、その着眼点からシンプルに企画を成立させておられると感じました。なので、どれもリアルに人が動くことが容易に想像できる企画でした。

    また、グランプリの「ブラックサンダーエクスチェンジ」については、審査員の皆が納得してグランプリと認めた作品であったため、今回は特に皆が気持ちよく審査を終えることができたと思います。受賞された皆さまも、今回残念ながら受賞から漏れてしまった皆さまもお疲れさまでした。この経験はきっと皆さんの力になっていくことと思います。これからも共にがんばっていきましょう!

    【審査員】
    オイシックス・ラ・大地 執行役員
    Chief Omni-Channel Officer
    奥谷 孝司氏

    今回は応募数の多さの割には事前審査はスムースに行うことができました。私にとっては良いことではありますが、少し小さくまとまってきたような気もしています。しかし、数年前のデジタル、モバイル一辺倒から、お客さまのインサイトをついたアナログとデジタルの融合した施策が多く、本当にお客さまが動きそうな企画が多かったです。やはりまずはお客さまの心を掴める企画、それをどのように実現するかがいつの世も問われていることを実感した10回目の販促コンペであったように思います。

    【審査員】
    プラチナム 代表取締役
    ベクトルグループ 取締役
    吉柳 さおり氏

    実際に人が動くかは何より大事ですが、やはりアイデアというのはどうしても被ってきますし、商品がコモディティ化する中で、世の中のプロモーションも既視感があるものが増えてきていますので、唯一無二のアイデアできらりと光る必要性があります。その光が今年は少なかった印象に思えました。

    グランプリに選ばれたアイデアをはじめ受賞した企画は、インサイトが非常に理論的であり、かつ、インサイトの発見そのものがユニークでアイデアになっているものだと思います。まさに、ターゲットである消費者のインサイトに向き合うことが、プロモーションのキーになるのだと思います。

    【審査員】
    大広
    東京アクティベーションデザインビジネスユニット
    カスタマープロモーション局 局長
    児玉 昌彰氏

    今年もたくさんのご応募ありがとうございました。そして入賞された方々、おめでとうございます。皆さまからの熱い企画を審査させていただくのは、本当に刺激的な時間です。審査して改めて感じることは、課題の本質を深く掘り下げていく力が大事だということです。

    表面的に施策を押し付けた企画もあれば、逆に課題の本質はここにあったのかと気づかされる企画もありました。消費する場、利用する場をイメージしながら消費者の欲求に紐付け、課題の本質を解決していくかが勝負になるのでしょう。今回の応募企画の中から具体的な実施へと、どの企画が採用されることになるのか楽しみにしたいと思います。

    【審査員】
    宝島社
    マーケティング課課長
    桜田 圭子氏

    記念すべき第10回に、これだけ多くの作品が集まったことを嬉しく思います。応募者の皆さま、たくさんの素敵なアイデアをありがとうございました。昨年はアプリやSNSを使った企画が多く見受けられましたが、今年はデジタルからリアルに再び戻ってきた感じを受けました。

    また今回、最終選考に残った作品は、見た人に楽しさやワクワクを提供するようなアイデアが多かったように思います。今まで以上に、人々を楽しく元気にするコンテンツが求められていることを感じました。一方、「どこかの企業さんが実施済みでは…」というデジャヴな企画もいくつか散見されたので、次回ご応募の前には事前チェックをお忘れなくお願いします。

    【審査員】
    電通 CDC
    コミュニケーション・プランナー
    佐々木 亜悠氏

    たくさんの素敵なアイデアに出会うことができ、楽しく審査に参加させていただきました。一度好き!と思えたアイデアも、フィジビリティはどうか、課題解決につながっているか、などあらゆる観点から「二度見」してみることの大切さを改めて感じた審査会でした。

    また、今回受賞したものの多くは、同じインサイトに立脚していても、人の行動の中にある一瞬の隙を捉えるのが上手な企画が多かったように感じます。グランプリの「ブラックサンダーエクスチェンジ」も、「たった32円」というインサイトの先にある、小銭を処分したくなる瞬間を巧みに捉えた場のセッティングが秀逸だと思いました。応募された皆さま、本当にお疲れさまでした!

    【審査員】
    富永 朋信氏

    オリエンテーションにきちん応えている、アイデアとして優れている、実現可能である。今年もこの3点から審査を進めたが、面白くはあるものの、ビジネスとの結びつきやオペレーション上の現実性が希薄な作品や、一見ビジネスには貢献しそうには見えるものの、アイデアとしては既視感がある作品が目立った。販促は、何か1つ穴があっても成立しないし、面白さがなければ顧客から注目すらしてもらえない。そこで企画者にはアイデアと緻密な構成力が問われるというもの。企画者諸氏の奮起を期待します!

    【審査員】
    ハッピーアワーズ博報堂
    代表取締役社長/クリエイティブディレクター
    藤井 一成氏

    派手さはないけど、うんうん、これは効きそうだね。という、リアリティを感じる作品が多く受賞されました。短期間の売り上げや話題をつくることではなく、中長期に渡りビジネスを支えていく仕組みをつくろうとして企画をしているかどうか。その視点を問われた結果だと思います。

    企業、ブランドはこの先何十年も続いていきます。仮に、単年度、単発の販促オリエンであったとしても、ブランドのめざすべき未来に向かい正しい方向に成果をつくるべきです。ビジネスモデル、市場構造を十分に学び、理解して企画に挑む。受賞された企画も、惜しくも受賞を逃した企画もつぎの打ち合わせに向けて(コンペ上は存在しませんが。笑)、その視点でパワーアップしてみる。企画の実現に向けて復習してみるとさらに磨きがかかると思います!

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する