販売促進の専門メディア

Pick Up!(PR)

バナー広告を制作するのは顧客に近いクリエイター

クリエイターズマッチ

お客さまとの接点がウェブへと移行する中、バナーの重要性が増している。おもてなしの心を込め、ファン化につながるバナーをつくるには?JALグループのウェブ宣伝制作を担当するJALブランドコミュニケーションの関口氏とネット広告事業のクリエイターズマッチ呉代表に聞いた。

右からJALブランドコミュニケーション WEB戦略部マーケティンググループ長の関口和生氏、クリエイターズマッチの代表取締役 呉京樹氏。

おもてなしのバトンをつなぐ出発点は「バナー」

「最高のバトンタッチ」。これは、JALフィロソフィに書かれた言葉だ。「お客さまに飛行機にご搭乗いただくまでには、運賃を決定する人、チケットを販売する人など、キャビンアテンダント以外にもさまざまな人がかかわっています。それぞれが役割を果たして最高のバトンタッチを目指そう、というのが、その意味するところです。搭乗券の購入がウェブ経由へとシフトする中で、今バトンタッチの出発点にあるのが、ウェブバナーです」。こう話すのは、バナーの制作を担当するJALブランドコミュニケーションの関口和生氏だ。

お客さまとの最初の接点となるバナーを重視し、ユーザー目線のより良いクリエイティブにしていくため、半年ほど前からクリエイターズマッチにバナーの制作を依頼した。「社外のクリエイターだからこそ出てくる表現に驚かされました。どのバナーがいいかを決めるのは、お客さま。積極的に新しい表現も採用し、分析を繰り返しています」(関口氏)。

バナーの企画・制作をしているクリエイターズマッチは、国内外問わず約200人のクリエイターをネットワークし、クリエイターのスキル・地位向上に尽力する企業だ。独自の試験に合格したクリエイターのみ登録できる仕組みで、地域や海外にいる優秀なクリエイターにスキルを活かす場を提供している。JALバナー制作に最初に携わったのは、バリ在住の日本人クリエイター。「飛行機を頻繁に利用するクリエイターを選びました。ユーザー目線を持って制作にあたれるのが、当社の強みです」と呉京樹代表は話す。

これまでの取り組みで関口氏が面白いと感じたのは複数のクリエイターに同時に提案を出してもらえるというもの。「かつては価格訴求を中心とするバナークリエイティブに陥りがちでしたが、色んなクリエイターにユーザー目線で『先得』を訴求する案を提出してもらい、新しい気づきを得ることができました。自分たちの経験則で制作していたものとユーザー目線で制作したものを比較して、ユーザーの意欲も高めるバナーのあり方に可能性を感じています」と関口氏。

続けて呉氏も「バナーはダイレクトレスポンスを目的としたものだけでなく、ブランドイメージの認知にも重要。またこのサイトに訪れたいと思ってもらえる、ファンづくりのためのバナー制作を強化したい」と話す。ユーザーに近いクリエイターを起用したバナー制作で、より多くのファンを獲得できるクリエイティブに取り組んでいきたい考えだ。

クリエイターズマッチに所属する約200人のクリエイターの中から、飛行機に搭乗する機会が多い人を選定。複数のクリエイターが制作にあたり、A/Bテストを繰り返している。

    お問い合せ

    株式会社クリエイターズマッチ c-m.co.jp
    東京都渋谷区広尾5-23-6 長谷部第10ビル4F 
    TEL.03-6721-9520

Pick Up!(PR) の記事一覧

訪日客も日本人客も一度にリーチ 新たな36面デジタルサイネージ
バナー広告を制作するのは顧客に近いクリエイター(この記事です)
動画を埋め込んだメールからサイトへ遷移、行動を喚起する
「個客」の心をとらえるダイレクトコミュニケーション
延べ47万人が訪れた 地元に愛される「マルシェ」
「販促品オンデマンド」が目指すのは、あらゆる販促品が手軽に届くサービス
顧客に選ばれる理由をつくる、CRMはじめの一歩
リコー、売上拡大を支援するマーケティング事業へ本格進出
首都高のドライブ体験をリブランディングする企画コンテスト
ウェブで簡単発注、翻訳サービス
若者の共感誘う ロフト活用プロモーションは何が違う?
振り切った企画を分析し改良!多くの実況動画を生んだ「競馬×スモウ」企画
特別な顧客に「金バッジ」、アナログさが生むVIP感 第30回全日本DM大賞

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する