販売促進の専門メディア

買い物客が動く!体験・デジタル アイデア事例

人気モデルとの記念撮影に行列200人超 若年層女性向けブランドで

消費者との接点は、工夫しだいで新しく設けることができる。ポップアップストアや新業態、訪日客向けの取り組みなどを紹介する。

人気モデルとの記念撮影に行列200人超 若年層女性向けブランドで

リニューアル記念イベントでは、商品を購入した人の中から当選した100人が、中村さんとの記念撮影も楽しんだ。

クロスカンパニーの若年層女性向けブランド「E hyphen world galleryBonBon(イーハイフンワールドギャラリーボンボン)」は2月11日、ラフォーレ原宿の店鋪をリニューアルオープンした。当日は早朝から200人を超える来店客が行列をなし、終日盛況となったという。

お目当ては、新たに「総合プロデューサー」として迎えたモデルの中村里砂さん。「Dark Romantic」をテーマに、中村さんが生地選びやデザイン、店舗内装までを監修した。リニューアル開店時も中村さんが店頭で出迎え、店内では商品説明も行った。

リユース分野もサービスを拡大

定額制で洋服などをレンタルできるサービスで、返却された商品を古着として販売する取り組みも始めた。

またクロスカンパニーは、リユース(古着)商品を中心とした店鋪「LEBECCAboutique(レベッカ ブティック)」を3月12日、「ラフォーレ原宿」にオープンさせる。ターゲットは10代後半~20代後半。平均客単価は1万円を想定する。同時にEコマースサイトでも販売を行う予定。

「レベッカ ブティック」には、ファッションブランドのPRディレクターなどを務める赤澤える氏をディレクターに、また、人気ビンテージショップ「Grimoire(グリモワール)」の十倍直昭社長をアートディレクターとして招聘した。「TOKYO RETRO」をテーマに、欧米を中心としたビンテージアイテムなどを展開する。

クロスカンパニーは、リユース品の拡大に注力している。昨年スタートさせた定額制ファッションレンタルサービス「mechakari(メチャカリ)」で利用客が返却した洋服を「ブランド公式古着」とし、ファッションオンライン販売の「ZOZOTOWN」内の古着コーナーで販売する取り組みも開始した。「メチャカリ」は、月額5800円(税抜)で、1回3着まで、月に何度でも新品の洋服をレンタルできるサービス。「ブランド公式古着」は、定価の半額以下で販売する。「モノをたくさん持ちたくない」と考える消費者が登場しはじめ ...

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

買い物客が動く!体験・デジタル アイデア事例 の記事一覧

「ルパン三世」軸に再発見 ONE本店で発揮した伊勢丹の底力
【座談会】店頭×テクノロジー 新しい買い物体験の現在と未来
リアル店鋪だから実現した 海外の店頭アイデア
店頭さながらの利便性 機能拡大続くオンライン販売
買い物客の「判断脳」を楽しく刺激する2つのメソッド
商業施設の公式サイト 利用者はどこを見ている?
モノは消費者が望む 「コト」を実現する手段に
人気モデルとの記念撮影に行列200人超 若年層女性向けブランドで(この記事です)
C to Cの作家と直に会える パルコで対面販売
三戸なつめさんがコーデ提案 Gapとジェットスターのコラボイベント
店・商品の見え方が変わる タッチポイント・店頭企画
私たちは編集者だ――HMV&BOOKS TOKYOの売り場づくり
老いる消費、若い世代も成熟派に カギは「手の届く楽しみ」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する