IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

CREATIVE NEWS

KOICHI KOSUGI GRAPHIC PARK ほか展覧会情報

遊び心あふれる広場で体感するクリエイティブ

ギンザ・グラフィック・ギャラリー
第396回企画展
KOICHI KOSUGI Graphic Park

アートディレクター、クリエイティブディレクターとして活躍し、3月には『わかる!使える!デザイン』(宣伝会議刊)を刊行した小杉幸一。

自身の仕事を「形をつくるだけの人ではなく、考え方を翻訳してつくる人」と表現する。

企業やブランドなどのキャラクターを明快にする「コミュニケーション人格」デザインをもとに、既存の枠を軽やかに超えていく翻訳家として、これまで資生堂「50 selfiesof Lady Gaga」や「YMO40」「パルコアラ」「STARFLYER」など、多くのプロジェクトを手がけてきた。

「グラフィックパーク」と題した本展は、これまで手がけた広告デザインやキャンペーン、CIデザイン、ブランド開発などの代表的なクリエイティブを体感できる。

「輝く人の、」STARFLYER
©KOICHI KOSUGI

PARCOALA?!
©KOICHI KOSUGI

DINOSAUR ELEMENT LINE
©KOICHI KOSUGI

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第396回企画展
KOICHI KOSUGI Graphic Park

7月11日~8月21日
ギンザ・グラフィック・ギャラリー[東京・中央区]
11時~19時
休館日:日曜、祝日
観覧料:入場無料
◇お問い合わせ→ギンザ・グラフィック・ギャラリー 03-3571-5206

https://www.dnpfcp.jp/gallery/ggg/jp/00000822

マテリアルが織り成す世界との再会と対話

Material, or

人間は有史以前からマテリアルと共に暮らし、密接な対話を通してものをつくり、暮らしを営んできた。

しかし現代では、「座りやすそうな木製の椅子」と捉えることはあっても、「生命感のある木」という原初的な感覚まで立ち戻り、思いを巡らせることはごくまれだろう。

そこで本展は、「つくる/つかう」という視点から断ち切られてしまったマテリアルとのつながりを、地球をめぐる果てしなく広大な物語から読み解き、再発見を試みる。

展覧会のディレクターを務めるのは、既存の枠組みを揺さぶる実験的な自主研究プロジェクトの研究成果を起点に、新しいデザインのかたちを発信し続けるデザイナーの吉泉聡。

さらに芸術人類学者の石倉敏明、バイオミメティクスデザイナーの亀井潤を企画協力に迎え、これまで人間が営んできた自然との多様な関わり方をアートやデザイン、人類学の観点から紐解くと同時に、最先端のマテリアルサイエンスが私たちの感覚をどのようにアップデートしてくれるのかについても紹介する。

ACTANT FOREST「Comoris BLOCK」

BRANCH「性質の彫刻: ペットボトル/水/板」

似里力「無題」 撮影: るんびにい美術館

Material, or

7月14日~11月5日 21_21 DESIGN SIGHT[東京・港区] 10時~19時(入場は閉館時間の30分前まで) 休館日:火曜 観覧料:一般1400円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料 ◇お問い合わせ→21_21 DESIGN SIGHT 03-3475-2121

https://www.2121designsight.jp/program/material/

CREATIVE NEWS の記事一覧

空想から生まれるもうひとつの建築群 ほか展覧会情報
デイヴィッド・ホックニー展 ほか展覧会情報
The One Show Appleが最高賞と3つの部門賞を獲得
KOICHI KOSUGI GRAPHIC PARK ほか展覧会情報(この記事です)
D&AD 2023最高賞はファレル・ウィリアムスのMVなど2作品に
本の芸術家・武井武雄展 ほか展覧会情報
ガウディとサグラダ・ファミリア展 ほか展覧会情報
「グラフィックトライアル2023」木住野彰悟・村上雅士ら参加
第63回クリオ賞 コロナビールなど3部門で最高賞受賞
エドワード・ゴーリーを巡る旅 ほか展覧会情報
谷川俊太郎 絵本★百貨展 ほか展覧会情報
クリエイター・オブ・ザ・イヤー発表 栗田雅俊氏ら表彰
I LOVE ART 17 プレイプレイアート展 ほか展覧会情報
ワールド・クラスルーム:現代アートの国語・算数・理科・社会 ほか展覧会情報
TDCグランプリは幸洋子氏のアニメーション作品に決定

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る