IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

「de-sport:」他ブレーン編集部注目の展覧会

芸術の視点からスポーツの意味を問い直す

de-sport:
芸術によるスポーツの解体と再構築

東京2020オリンピック・パラリンピックを翌年に控え、芸術の視点からスポーツの意味を問い直す展覧会「de-sport:芸術によるスポーツの解体と再構築」が金沢21世紀美術館で開催されている。「de-sport」は、「楽しむこと」を意味する中世フランス語「desport」と、「スポーツの解体・再構築」を意味する英語「deconstructed sport」をかけあわせた言葉だ。

スポーツは、起源をたどれば、「日常の労働から離れた遊び」を意味し、音楽や絵画などの芸術も含むもの。身体と技巧を誇示し、勝敗を競うことをエンターテインメントとして商品化する現代のスポーツに対して、その起源に立ち返り、芸術の視点から、遊戯、身体、国家、戦争、非言語コミュニケーションといった今日の諸問題を映し出す社会的構造物としてスポーツを再考。9カ国10作家のスポーツを独自の視点で捉えたユニークな作品が一堂に会する。

アローラ&カルサディーラ
《陸上競技》2011 映像、作家蔵 ©Allora & Calzadilla photo:Andrew Bordwin

ガブリエル・オロスコ
《ピン=ポンド・テーブル》1998 金沢21世紀美術館蔵 ©Gabriel OROZCO photo:IOKU Keizo

エルヴィン・ブルム
《1分間の彫刻》2014©Erwin WURM photo:Katrin Binner

柳井信乃
《Blue Passage》2016 作家蔵 ©YANAI Shino

de-sport:芸術によるスポーツの解体と再構築

開催中、9月27日まで 金沢21世紀美術館 10時~18時(金・土曜日は10時~20時)
休場日:月曜日(ただし8月10日は開場)、8月11日、9月23日観覧料:一般1200円、大学生800円、小中高生400円、65歳以上1000円 ※日時指定予約制
◆お問い合わせ→金沢21世紀美術館 076-220-2800

いかにして未来を肯定し、楽観して生きていけるか

楽観のテクニック

京都市にある泊まれるアート宿泊施設BnA Alter Museumは、階段型ギャラリーSCGにて特別企画展『楽観のテクニック』を開催中だ。楽観するためのテクニック・作法をテーマに、平山昌尚、やんツー、澤田華、木村翔馬、ペフの5組のアーティストの作品が展示される。

いかにして未来を肯定し、楽観して生きていけるか。本展は...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

「de-sport:」他ブレーン編集部注目の展覧会(この記事です)
ニューヨークADC賞発表 最高賞はAirPodsのCM「Bounce」
ニューヨークフェスティバル、JAAA若手大賞が発表
毎日デザイン賞、クリエイター・オブ・ザ・イヤー決定
操上和美「April」他、注目の展覧会
メディア芸術祭、TDC2020、受賞作品発表
写真とファッション他、注目の展覧会
亀倉雄策賞、JAGDA賞、JAGDA新人賞が決定
記憶の珍味 諏訪綾子展他、注目の展覧会
UMA/design farm展、蓮沼執太展他、注目の展覧会
海外広告賞2020の変更点は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る