IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

向井山朋子展、最果タヒ展ほか、注目の展覧会

注目の作家たちによるグループ展

六本木クロッシング/未来を担う美術家たち 21st DOMANI・明日展

国内外で期待されるアーティストたちの作品展が、3月まで開催されている。

その一つ、第6回目の開催となる「六本木クロッシング」は、シリーズ初の試みとして、森美術館の3人のキュレーターのみで共同キュレーションを行い、1970-80年代生まれを中心とした日本人アーティスト約25組を紹介する。今回のテーマは、現代の表現を通じて見えてくる「つながり」。テクノロジーの進化によって、さまざまな「分断」が起こる現代の社会において、対極のものを接続すること、異質なものを融合すること、本来備わっているつながりを可視化することなど、アーティストたちは作品を通じてさまざまな「つながり」を提示する。

今年で21回目の開催となる「DOMANI・明日展」では、文化庁による新進作家育成プログラムで海外に送り出した人材を、日本のアートシーンにプレゼンする。本年度は「平成の終わりに」をサブタイトルに、国立新美術館の豊かな空間を生かし、研修を終えて比較的時間が浅い、昭和50年代に生まれ、平成時代に表現者を目指した9作家がラインナップされている。「元号」(日本)と「西暦」(海外)を往還しつつ生まれた彼らの表現とは。いま注目のアーティストたちの作品をしっかりと見ておきたい。

六本木クロッシング2019展

アンリアレイジ《リフレクト》2015年 綿 ※参考図版

平川紀道《datum》2018年
DLPプロジェクター、コンピューター、スピーカー サイズ可変

目《Elemental Detection》2016年
展示風景:「さいたまトリエンナーレ2016」旧埼玉県立民俗文化センター
撮影:衣笠名津美 ※参考図版

六本木クロッシング2019展
2月9日~5月26日 森美術館
月・水~日:10時~22時 火:10時~17時(ただし4月30日は22時まで)
入館料:一般 1800円、高校・大学生 1200円、4歳~中学生 600円、65歳以上 1500円
◆お問い合わせ→03-5777-8600(ハローダイヤル)

未来を担う美術家たち

和田的《白器「牛」》2015 個人蔵

加藤翼《Pass Between Magnetic Tea Party》2015
Courtesy of Toyota Municipal Museum of Art and MUJIN-TO Production

白木麻子《Liguid path-Buoyancy and dynamic》2017
Photo:Hong Cheoliki …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

ケネス・アンガー、エキソニモ他、注目の展覧会
向井山朋子展、最果タヒ展ほか、注目の展覧会(この記事です)
ワビサビ20周年展、片桐飛鳥写真展ほか、注目の展覧会
大原大次郎・田中義久 二人展他、注目の展覧会
テクニカルディレクター集団 BASSDRUMが本格始動!
もしかする未来他、注目の展覧会
ブルーノ・ムナーリ、三澤遥他、注目の展覧会
広告クリエイターらによる劇団「満劇」、2年ぶりの東京公演
3年ぶりのK-ADC、グランプリは「STOP DV」
グッドデザイン大賞は、貧困問題解決に向けてのお寺の活動
深澤直人ディレクションによる「民藝」の展覧会他
ニック・ナイト日本初個展他、注目の展覧会

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る