IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

しりあがり寿の現代美術 回・転・展、第1回文化屋雑貨点ほか注目の展覧会

キーワードは「回転」アートなしりあがり寿を見る

01 《回るヤカン》2016年

しりあがり寿の現代美術 回・転・展

「弥次喜多 in DEEP」や朝日新聞に連載中の「地球防衛家のヒトビト」をはじめ、数多くの独特の批評精神に満ちたギャグ漫画で知られるしりあがり寿。7月3日より、美術館での初の個展が練馬区立美術館で開催される。文藝春秋漫画賞ほかを受賞するなど高い評価を得ており、最近では、東日本大震災後の日本をテーマにした漫画集「あの日からのマンガ」が大きな話題となった。

長年にわたり学生の指導にあたる一方、墨絵やアニメーションなどの手法を用いて、漫画と関連しながらも自律した現代アート作品も発表してきた。近年では、様々なものを回転させる一連のインスタレーション作品も展開。本展ではこれまでの多様な仕事に触れつつ、回転インスタレーションを中心に新作を紹介する。絵画やジオラマ、日用品から映像まで、あらゆるものが展示室内で回転。回転とは?芸術とは?「漫画家しりあがり寿」とは一味違う、新しい「しりあがり寿ワールド」が体感できる。

02 『真・ヒゲのOL薮内笹子』 カバーイラスト原画(2003年)

03 《回転体は行進するダルマの夢を視る》2014年@箱根彫刻の森美術館

しりあがり寿の現代美術 回・転・展

7月3日~9月4日

練馬区立美術館

10時~18時

休館:月曜日(7月18日は開館、19日休館)

一般800円、高校・大学生および65~74歳は600円

◆問い合わせ→03-3577-1821 練馬区立美術館

あの文化屋雑貨店の再生イベント

第1回文化屋雑貨点

2015年に閉店した「文化屋雑貨店」の再生イベント「第1回文化屋雑貨点」が、7月1日より東京・神田のカフェ&ギャラリー神田TETOKAで開催される。創業者の長谷川義太郎監修の元、様々な職種の100名以上が選んだ商品が一同に集結し、文化屋雑貨店を再生する。

文化屋雑貨店は、1974年に渋谷のファイヤー通りに出店し、1989年に裏原宿エリアに移転した。日本に「雑貨」という言葉と概念を定着させ国内外にファンを広げていた。

今回のイベントには編集者をはじめ建築家やデザイナー、スタイリスト、占い師、八百屋、中華屋など様々な職種の100名以上が参加し …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

サン・アド「ブンケン」、大阪芸術大学「Bound Baw」の制作秘話
しりあがり寿の現代美術 回・転・展、第1回文化屋雑貨点ほか注目の展覧会(この記事です)
D&AD、ADC賞 受賞作品発表
JAGDA新人賞展2016 、詩人・吉増剛造展、石内都「Frida is」ほか
ONESHOW日本受賞作品・TDC賞入賞作品発表
亀倉雄策賞受賞、三木健の「りんご」を通して学ぶデザイン
仲畑貴志さんの初作品展開催
KIGI キギ in Clematis no Oka、トンコハウス展「ダム・キーパー」の旅ほか
ライアン・マッギンレー日本初となる美術館での個展、アドフェスト日本受賞作品ほか
津田直「Grassland Tears」、GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~他
MEDIA AMBITION TOKYO 2016、 TOMATO25周年の記念エキシビジョン他
「地域×デザイン ―まちを編みなおす20のプロジェクト―」、森山大道写真展ほか
多岐にわたる事業と拡張性を表現した マッシュホールディングスの新CI

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る