IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

亀倉雄策賞受賞、三木健の「りんご」を通して学ぶデザイン

「りんご」を通して学ぶデザイン

三木健展[りんごデザイン研究所]

01 三木健展ポスター

グラフィックデザイナー 亀倉雄策の生前の業績をたたえ、グラフィックデザイン界の発展に寄与することを目的として設立された亀倉雄策賞。第18回は、三木健の個展の告知ポスター「APPLE+」に決定した。これを記念して、三木健展[りんごデザイン研究所]が5月9日より開催される。

本作の背景には、三木が開発、構築した『APPLE』というデザイン教育プログラムがある。これは、誰もが知っている「りんご」を通してデザインの楽しさや奥深さに気づいてもらうという構造。さまざまなユニークな実習を通して「気づき」に気づき、最終的にはそれらすべてのプロセスが記録された教科書へと仕上がる。選考会では、ポスターそのものの堂々たるデザインと共に、その背景にある三木のデザイン教育に対するユニークなアプローチが評価された。本展ではデザインのみならず、「デザインとは何か」を問い続ける三木の考えにも触れることができるだろう。

02 個展の告知ポスター「APPLE+」

第18回亀倉雄策賞受賞記念 三木健展[りんごデザイン研究所]

5月9日~6月2日

クリエイションギャラリーG8

11時~19時

休館:日曜、祝日

入場無料

◆問い合わせ→03-6835-2260 クリエイションギャラリーG8

「初心」をテーマに7名の作家が作品を発表

椿会展 2016 - 初心 -

01 伊藤存 「みえない土地の建築物 2015-2014年9月9日浜離宮恩賜庭園」 2015

1947年から続く資生堂ギャラリーを代表するグループ展「椿会展」が、6月19日まで開催中だ。「椿会」は時代とともにメンバーを入れ替えながら、70年近くにわたり継続している。第七次椿会は2013年に赤瀬川原平、畠山直哉、内藤礼、伊藤存、青木陵子の5名で結成され、2017年まで年1回の展覧会を開催する。

4回目の展覧会となる本年度のタイトルは「椿会展 2016 - 初心 -」。このサブタイトルは、「3.11」から復興していく過程において …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

亀倉雄策賞受賞、三木健の「りんご」を通して学ぶデザイン(この記事です)
仲畑貴志さんの初作品展開催
KIGI キギ in Clematis no Oka、トンコハウス展「ダム・キーパー」の旅ほか
ライアン・マッギンレー日本初となる美術館での個展、アドフェスト日本受賞作品ほか
津田直「Grassland Tears」、GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~他
MEDIA AMBITION TOKYO 2016、 TOMATO25周年の記念エキシビジョン他
「地域×デザイン ―まちを編みなおす20のプロジェクト―」、森山大道写真展ほか
多岐にわたる事業と拡張性を表現した マッシュホールディングスの新CI
JAGDA新人賞2016、 上西祐理、川上恵莉子、 村上雅士に決定
広告ジャーナリストが選ぶ 国際広告賞 資生堂がグランプリ受賞
文化庁メディア芸術祭受賞作品発表
有田焼「2016/ project」2016年ミラノ・サローネで本格始動、新しい演劇・身体体験

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る