IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

津田直「Grassland Tears」、GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~他

懐かしいアーケードゲームから未来のゲームまでを体験

01 「GAME ON」メインビジュアル


02 「GAME ON」海外巡回展の様子

GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~

コンピュータやインターネットなどの情報技術とともに進化をつづけ、世界中のエンターテイメントを変えたコンピュータゲーム。その歴史を一望し、社会的・文化的意味、そして未来について考える企画展「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」が、日本科学未来館で始まる。

本展は、2002年に英国・ロンドンのバービカン・センターでの開催以来、世界中を巡回し200万人以上を魅了してきた展覧会だ。テーマは、「ゲームってなんでおもしろい?」。会場では、「PONG」や「スペースインベーダー」をはじめ、貴重な筺体が勢揃いする圧巻のアーケードゲームコーナーを設置。そのほか家庭用ゲーム機の数々、世界を魅了したキャラクター、スマホゲームまで、ゲームの創成期から現在までをプレイすることができる。本展では日本独自のコンテンツとして、ゲームの仕組みや進化の過程、ゲームクリエイターの制作過程、研究者の工夫から、開発者たちの声を紹介するほか、PlayStation® VRも先行体験できる。

「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」

3月2日~5月30日

日本科学未来館1F 企画展示ゾーン

10時~17時(入場券の購入は閉館の30分前まで)

休館:火曜(ただし、3月29日、4月5日、5月3日は開館)

入場料:大人1500円、18歳以下750円/土曜日のみ650円
6歳以下の未就学児は無料

◆問い合わせ→03-3570-9151 日本科学未来館

縄文文化に着目した写真家 津田直の新作

01 Grassland Tears "Omoriyama #1" 2016LightJet print
Image size:69.3x86cm
Paper size:85.3x102cm


02 Grassland Tears "Usumoshiri #2" 2016 LightJet print
Image and paper size:30x38cm
© Nao Tsuda/Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography/Film

津田直「Grassland Tears」

「世界を翻訳する写真家」と自身を称する津田直の新作展「 Grassland Tears」が、3月21日まで開催されている。

津田はファインダーを通して、古代より綿々と続く人と自然との関わりを捉え、そこにあるべき関係性への問いを投げかけてきた。6年程前から挑む新作では、自然と共生する社会の原初的な姿を縄文時代に見出し …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

津田直「Grassland Tears」、GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~他(この記事です)
MEDIA AMBITION TOKYO 2016、 TOMATO25周年の記念エキシビジョン他
「地域×デザイン ―まちを編みなおす20のプロジェクト―」、森山大道写真展ほか
多岐にわたる事業と拡張性を表現した マッシュホールディングスの新CI
JAGDA新人賞2016、 上西祐理、川上恵莉子、 村上雅士に決定
広告ジャーナリストが選ぶ 国際広告賞 資生堂がグランプリ受賞
文化庁メディア芸術祭受賞作品発表
有田焼「2016/ project」2016年ミラノ・サローネで本格始動、新しい演劇・身体体験
ゲルハルト・リヒター新作展、石川直樹「K2」、「もじにぎり」展ほか
「“TOKYO” -見えない都市を見せる」「杉本博司 趣味と芸術」ほか
2015年度ACC賞各賞、発表ほか
秋恒例デザインイベント開始、フランク・ゲーリー展 "I Have an Idea"ほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る