IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

仲畑貴志さんの初作品展開催

手がけた広告4000以上、選りすぐりの仲畑コピーを堪能する

大仲畑展mini ~コピーライター仲畑貴志のぜんぶのいちぶ~

01 告知ビジュアルは、副田高行さんのデザイン。

数えきれないヒット作を生み出してきた、コピーライターの旗手、仲畑貴志さんの初作品展「大仲畑展mini ~コピーライター仲畑貴志のぜんぶのいちぶ~」が、5月10日より東京・南青山のギャラリー5610にて始まる。本展は、東京コピーライターズクラブ2015年度Hall of Fame(コピーライターの名誉殿堂)の顕彰を記念した展覧会。仲畑さんがこれまでに手掛けた4000以上にも及ぶ広告作品の中から、今回は特別に、仲畑さんと親交のある広告クリエイター、著名人たちがキュレーターとなり選んだ、思い入れの深い作品を展示する。また会期中、氏の人となりをよく知る3人が「解説員」となって仲畑作品を語るギャラリートークも開催する。

キュレータ―を務めるのは、阿木燿子さん(作詞家)、浅葉克己さん(アートディレクター)、一倉宏さん(コピーライター)、葛西薫さん(アートディレクター)、佐々木希さん(女優)、副田高行さん(アートディレクター)、中村禎さん(コピーライター)、藤井保さん(写真家)、箭内道彦さん(クリエィティブディレクター)ほかとなる。

名作コピーは、どのように生まれたのか?時代を動かし人の心をとらえる言葉のチカラとは何か?仲畑さんがこれまで人に見せることのなかった手の内、胸の内、アイデアを生み出す脳内に広がる大宇宙の一端を垣間見るチャンスとなるだろう。

02 仲畑貴志さん

2015年度Hall Of Fame顕彰記念 大仲畑展mini
~コピーライター仲畑貴志のぜんぶのいちぶ~

5月10日~13日

Gallery5610

11時~18時

◆問い合わせ→03-3407-5610 Gallery5610

※ギャラリートーク
5月11日(水)中村禎さん/5月12日(木)葛西薫さん/5月13日(金)副田高行さん ※定員各日20名/事前申し込み・抽選制/参加無料、時間、申込み方法等詳細は、別途TCCホームページにて確認のこと。

◆問い合わせ→03-5774-5400 東京コピーライターズクラブ(TCC)事務局

園子温、初の美術館個展

園子温 展「ひそひそ星」

01 「今際の際」の橋 2016年

映画監督・園子温の新作「ひそひそ星」が、5月14日から新宿シネマカリテ他で公開となる。この作品は25年前、園がアパートの一室で描いた555枚の絵コンテを、自身の手で2016年の映画として結実させたもの。東宝スタジオに大きな宇宙船のセットを組むと同時に、“3.11”の傷跡濃い福島県の富岡町・南相馬・浪江町に赴きロケを敢行。地元住民たちの協力を得て、記憶と時間、距離への焦燥を、“ひそひそ”と声のトーンを落とした特異なセリフ回しで描き出した。

そして、園は映画では描ききれなかったものをさらにインスタレーションとして空間作品に発展させ、初となる美術館個展を7月10日までワタリウム美術館で開催中だ。展示では影絵による大掛かりなプロジェクション作品や …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

亀倉雄策賞受賞、三木健の「りんご」を通して学ぶデザイン
仲畑貴志さんの初作品展開催(この記事です)
KIGI キギ in Clematis no Oka、トンコハウス展「ダム・キーパー」の旅ほか
ライアン・マッギンレー日本初となる美術館での個展、アドフェスト日本受賞作品ほか
津田直「Grassland Tears」、GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~他
MEDIA AMBITION TOKYO 2016、 TOMATO25周年の記念エキシビジョン他
「地域×デザイン ―まちを編みなおす20のプロジェクト―」、森山大道写真展ほか
多岐にわたる事業と拡張性を表現した マッシュホールディングスの新CI
JAGDA新人賞2016、 上西祐理、川上恵莉子、 村上雅士に決定
広告ジャーナリストが選ぶ 国際広告賞 資生堂がグランプリ受賞
文化庁メディア芸術祭受賞作品発表
有田焼「2016/ project」2016年ミラノ・サローネで本格始動、新しい演劇・身体体験

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る