IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

多岐にわたる事業と拡張性を表現した マッシュホールディングスの新CI

マッシュホールディングス

「スナイデル」「ジェラート・ピケ」などのブランドを抱えるマッシュホールディングスがCIを一新した。デザインを手がけたのは、オランダのグラフィック界を代表するデザインユニットで、今月号の表紙も手がけたエクスペリメンタル・ジェットセットだ。初来日となる彼らに、このCIの仕事がどのように進められたのかインタビューした。

01 エクスペリメンタル・ジェットセット。左から、ダニー・ヴァン・デン・ダンゲン、マリエケ・ストーク、アーウィン・ブリンカーズ(7ページにプロフィール掲載)。写真はマッシュホールディングスのオフィスにて。

エクスペリメンタル・ジェットセット来日インタビュー

――今回制作されたマッシュホールディングスのCIの考え方を教えてください。

はじめは「マッシュ」という言葉からインスピレーションを得て、「ミックス」をアイデアとしてデザインを進めようとしていました。しかしその後、マッシュホールディングスの近藤広幸社長がアムステルダムの私たちのオフィスに来てくれ、改めて会社の説明を聞くことができました。そしてマッシュホールディングスの多岐にわたる事業、将来の展望についての話を直接聞くうちに、「ミックスは的確ではない、よりよいアイデアが必要」と考えるようになったんです。

マッシュホールディングスは、小さな要素(多岐にわたるビジネスの内容)がお互いに関連性を持ちながら、大きなファミリー(ホールディングス)を構成している企業です。ここから生まれた新しいアイデアが「メタボリズム」です。

私たちはどんなプロジェクトでも必ずリファレンスになるものを決めて …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

「地域×デザイン ―まちを編みなおす20のプロジェクト―」、森山大道写真展ほか
多岐にわたる事業と拡張性を表現した マッシュホールディングスの新CI(この記事です)
JAGDA新人賞2016、 上西祐理、川上恵莉子、 村上雅士に決定
広告ジャーナリストが選ぶ 国際広告賞 資生堂がグランプリ受賞
文化庁メディア芸術祭受賞作品発表
有田焼「2016/ project」2016年ミラノ・サローネで本格始動、新しい演劇・身体体験
ゲルハルト・リヒター新作展、石川直樹「K2」、「もじにぎり」展ほか
「“TOKYO” -見えない都市を見せる」「杉本博司 趣味と芸術」ほか
2015年度ACC賞各賞、発表ほか
秋恒例デザインイベント開始、フランク・ゲーリー展 "I Have an Idea"ほか
設立25周年「UNDERCOVER」の個展、HAYの新作プレゼンテーションほか
GIFアニメーションの展覧会「ジフ」展、広告ジャーナリストたちが選ぶEPICA AWARDSほか
色部義昭:WALL、佐藤卓「ヒロシマ・アピールズ」ほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る