IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

ニュークリエイター

できるだけ多くの人に響くアイデア

渡邉千夏

話題の『かがみのえほん』シリーズを手がける造本作家の渡邉千夏さん。絵本に限らず、高さ2.7m におよぶ屏風型の作品や手のひらサイズの小さなカードなど、平面の媒体に多様な「しかけ」を与えることで立ち現れる視覚表現を一貫して探求している。

01 『BIG MIRROR BOOKⅠ』(2015年)

あっと驚く鏡の「しかけ」

グラフィックデザインを専門に学んだ大学生時代に、一種トンチのような、アイデアを基軸にした表現が向いていることに気づき、「しかけ」に凝るようになった渡邉さん。家庭用品メーカー企画部のグラフィックデザイナーとして約4年勤務した後、退職。改めて大学院へ籍を置き、自分なりのしかけのある作品制作に本腰を入れた。学生時代に原案を制作していた『かがみのえほん』シリーズを福音館書店より出版したのは …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ニュークリエイター の記事一覧

できるだけ多くの人に響くアイデア(この記事です)
段ボールの概念を変える、新しい財布のかたち
ライブペイント×映像×音楽で生まれる透明回線の空間
社会に存在するモチーフと映像を掛け合わせる
グラフィックとテキスタイルのあいだ
ユーモラスな画風。注目の若手アニメ作家

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る