IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

ニュークリエイター

ライブペイント×映像×音楽で生まれる透明回線の空間

とうめいかいせん

ライブペイントと音楽、そしてプロジェクションマッピングで独自の空間をつくりあげる透明回線。現在、音楽フェスや地域イベントなど関西方面を中心に活動している。

福島ガイナックスでのオープニングイベント



パフォーマンスグループ「透明回線」は、2012年に大阪芸術大学の同級生だったペインターのうきち、siun、そして音響兼映像担当MASKの3人で結成。在学時からライブペイントと音響、映像を融合させた空間そのものを作品とする、日本ではあまり類を見ないグループだ。「初めてプロジェクションマッピングを使った日、光が当たった瞬間、その場にいた人たちから歓声があがったんです。自分たちの作品は、こんなに人に喜んでもらえるんだという驚きがありました」。

ライブでは、うきちとsiunがその場で絵を描き、そこにMASKが映像を投影、透明回線独自の空間をつくりあげる。好きなモチーフも絵のタッチも異なるうきちとsiunだが、最後には不思議と1枚の絵になる。そして …

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ニュークリエイター の記事一覧

ライブペイント×映像×音楽で生まれる透明回線の空間(この記事です)
社会に存在するモチーフと映像を掛け合わせる
グラフィックとテキスタイルのあいだ
ユーモラスな画風。注目の若手アニメ作家
ちょっとした違和感と間で魅せるコラージュアーティスト
かわいくて毒のあるアート

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る