IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

ゲルハルト・リヒター新作展、石川直樹「K2」、「もじにぎり」展ほか

リヒターの新作を世界初公開

01 Abstract Painting(939-6) 2015, oil on canvas, 58×72cm

ゲルハルト・リヒター「Painting」

絵画と写真の間を行き来しつつ、絵画とは、絵画性とは、写真性とは何かという考察を続けてきた画家 ゲルハルト・リヒター。ワコウ・ワークス・オブ・アートでは、12月19日までリヒターの新作展を開催中だ。

作家自らが「Painting」と名付けた本展では、世界初公開となる最新の油彩画8点ほか、ガラスにラッカーで描いたシリーズ〈アラジン〉から5点が日本で初公開される。さらに、さまざまな写真上に油彩やエナメルで描く手法「オーバー・ペインテッド・フォト」の作品も多数展示される。

12年の個展で最新デジタル技術を駆使しガラスの立体作品とともに展示した〈Strip〉のシリーズは、「仮象(Schein=シャイン、光)」を生み出す作品として究極的であると評価されたが、15年に発表した11メートル長の作品がシリーズ最後となった。この〈Strip〉以降の動向に注目が集まる中、新作絵画の公開に大きな期待が寄せられる。

ゲルハルト・リヒター「Painting」

開催中、12月19日まで。

コウ・ワークス・オブ・アート 11時~19時 日曜・月曜・祝日休廊 

入場無料

問い合わせ→03-6447-1820 ワコウ・ワークス・オブ・アート

写真家 石川直樹の新たなる挑戦

01 ~03 石川直樹写真展『K2』より。© Naoki Ishikawa

石川直樹『K2』

2001年、23歳で世界最高峰エベレストに登頂し、11年には別ルートから二度目の登頂を果たした写真家 石川直樹。その後も中判フィルムカメラを携えてヒマラヤへの旅を続け、高峰に登りながら極限の状況下で撮影。14年には、ヒマラヤの8000メートル峰に焦点をあてた写真集シリーズ(SLANT)も4冊連続で刊行している。そんな石川の写真展『K2』が、12月5日からCHANEL NEXUS HALLで開催される。

15年夏、石川は世界第2位の難峰K2の頂を目指した。K2は8611メートルという高さに加え、ルートの難しさと独立峰ゆえの厳しい気候から、8000メートル峰の中で最も危険とされる山だ …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

有田焼「2016/ project」2016年ミラノ・サローネで本格始動、新しい演劇・身体体験
ゲルハルト・リヒター新作展、石川直樹「K2」、「もじにぎり」展ほか(この記事です)
「“TOKYO” -見えない都市を見せる」「杉本博司 趣味と芸術」ほか
2015年度ACC賞各賞、発表ほか
秋恒例デザインイベント開始、フランク・ゲーリー展 "I Have an Idea"ほか
設立25周年「UNDERCOVER」の個展、HAYの新作プレゼンテーションほか
GIFアニメーションの展覧会「ジフ」展、広告ジャーナリストたちが選ぶEPICA AWARDSほか
色部義昭:WALL、佐藤卓「ヒロシマ・アピールズ」ほか
話題の作品が続々、OCC賞、FCC賞授賞作品
ヤン・ファーブル、黒田潔、ヴォルフガング・ティルマンス、鈴木理策ほかの展覧会
ADC賞2015、新しいクリエイティブスペースほか
没後20年 ルーシー・リー展、木村伊兵衛写真賞 40周年記念展ほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る