IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

2015年度ACC賞各賞、発表ほか

01.jpg

01 チェ・ジョンファ

多様なアーティストたちが一堂に介する場

さいたまトリエンナーレ2016
STANCE or DISTANCE? わたしと世界をつなぐ「距離」

ジャンルを超え、多様なアーティストたちが参加する展覧会が増えている。

来年初となる「さいたまトリエンナーレ2016」では、「アートプロジェクト」を選ぶという考えのもとアーティストを選定。「未来の発見!」というテーマに沿って選ばれた、国内外28組のアーティストたちが参加することが発表された。

熊本市現代美術館で開催中の「STANCE or DISTANCE?わたしと世界をつなぐ「距離」」には、ロボットやメディア作品、絵画、写真、映像など世界6ヵ国、17組の研究者やアーティストが参加。それらの作品を通して、“わたしたちと世界をつなぐ多様な「距離」の関係性”に迫る。

02.jpg

02 向井山朋子《Multus #2》
03 野口里佳《手と虹》2010年

さいたまトリエンナーレ2016
2016年9月24日から12月11日まで。
武蔵浦和駅周辺~中浦和駅周辺(JR埼京線)、大宮駅周辺~さいたま新都心駅周辺(JR京浜東北線、宇都宮線、高崎線)、岩槻駅周辺(東武アーバンパークライン)
開催場所、時間は内容によって異なる。
◆お問い合わせ→048-829-1225 さいたまトリエンナーレ実行委員会事務局
03.jpg

04 ミカ・ロッテンバーグ《Squeeze》2010年
映像インスタレーション、写真 個人蔵

04.jpg

05 加藤泉《Untitled》2014年 木、アクリル、ステンレス 作家蔵
会場:東京都現代美術館 撮影:佐藤祐介 ©2014Izumi Kato

06 安藤英由樹+渡邊淳司+佐藤雅彦《心音移入》2010年
聴診器、ヘッドフォン、映像、鼓動、作家蔵

STANCE or DISTANCE? わたしと世界をつなぐ「距離」
開催中、12 月6日まで。
熊本市現代美術館 10 時~ 20時(入場は19 時30分まで)
休館:火曜日
観覧料:一般:1000円、シニア(65才以上):800円、学生(高校生以上):500円、中学生以下:無料
◆お問い合わせ→096-278-7500 熊本市現代美術館

2015年度ACC賞各賞、発表



Beer-lingual | How to order a glass of Suntory The Malt’s #Beer-lingual

09.jpg

「2015 55th ACC CM FESTIVAL」

全日本シーエム放送連盟(以下ACC)は、「2015 55th ACC CM FESTIVAL」における各部門のグランプリ、および各賞を発表した。

フィルム部門Aカテゴリー(テレビCM)では、東海テレビ放送の自社キャンペーンがグランプリを受賞。今年新設されたBカテゴリー(Online Film)では、OK Go + Honda「I Won't Let You Down」が初のグランプリ受賞に。また、ラジオCM部門では、審査員にラジオに縁の深いお笑い芸人グランジ 遠山大輔さん、ダイノジ 大谷ノブ彦さんらを迎え、さまざまな視点から議論。

グランプリには、サントリーホールディングス サントリービール「Beer-lingual」が選ばれた。ラジオCM部門には本年度「アンダー29」も設けられ、9名が受賞している。また、ME部門はメルセデス・ベンツ日本のGLAクラス「GO!GLA」、昨年新設されたインタラクティブ部門では、アミューズ「Perfume at SXSW」がグランプリを受賞。若いCMプランナーを奨励する小田桐昭賞には、電通九州 村田俊平さんが選ばれた。



01 東海テレビ 公共キャンペーンスポット「戦争を、考えつづける。」



02 OK Go - I Won't Let You Down - Official Video

06.jpg

03 メルセデス・ベンツ日本/ GLA「GO! GLA」

08.jpg

04 Perfume/「Perfume at SXSW」

10.jpg

CREATIVE NEWS の記事一覧

「“TOKYO” -見えない都市を見せる」「杉本博司 趣味と芸術」ほか
2015年度ACC賞各賞、発表ほか(この記事です)
秋恒例デザインイベント開始、フランク・ゲーリー展 "I Have an Idea"ほか
設立25周年「UNDERCOVER」の個展、HAYの新作プレゼンテーションほか
GIFアニメーションの展覧会「ジフ」展、広告ジャーナリストたちが選ぶEPICA AWARDSほか
色部義昭:WALL、佐藤卓「ヒロシマ・アピールズ」ほか
話題の作品が続々、OCC賞、FCC賞授賞作品
ヤン・ファーブル、黒田潔、ヴォルフガング・ティルマンス、鈴木理策ほかの展覧会
ADC賞2015、新しいクリエイティブスペースほか
没後20年 ルーシー・リー展、木村伊兵衛写真賞 40周年記念展ほか
One Show レポート キーワードはイノベーションとジェンダー
菱川勢一ディレクション「動きのカガク」展、SANAAの模型を切り取ったトーマス・デマンドほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る