日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

社内コミュニケーション 改革のプロセス

新卒エントリー数が7倍に!アルパカの「クラレちゃん」起用の効果

クラレ

国境越えたクラレちゃん

「ミラバケッソ」。“未来に化ける新素材”をもじった造語だ。クラレは2007年にこのフレーズを使った企業広告を始め、社名の認知度向上に貢献した。若年層への認知拡大という狙い通り、新卒者のエントリー数は大幅アップ。翌年以降も順調に増加し、現在では広告実施前の約7倍になった。

「ミラバケッソ」の広告効果はこれだけではない。07年当時、社員を対象としたアンケートによると、約6割が「(CMが)家族で話題になった」と回答。家族に自社について理解してもらうことで、仕事のモチベーションアップにつながったと答える社員もいた。

また、翌年から登場した、CMのマスコットキャラクター、アルパカの「クラレちゃん」。その愛らしいルックスが人気を呼び、クラレちゃんの人形は従業員の家族はもちろん、取引先にも大人気だ。「営業先に人形を持っていくことで会話が生まれ、営業支援ツールとしても役立っています」とIR・広報部の友添篤志氏は語る。

海外売上高比率が約6割を占める同社、クラレちゃんの活躍ぶりは国内に留まらない。「当社と関連の深い12カ国を選んで …

あと36%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社内コミュニケーション 改革のプロセス の記事一覧

社内でウォーキングレッスン?! 社内活性化のアイデア8事例
インターナルコミュニケーションの効果検証、外部視点の導入とKPIが課題
伊藤忠、社員を前面に出す広告の効果は?
職場の風通しが業績に直結!社内コミュニケーション最新事情
真の敵は身内!?社内に潜むリスクのタネ
新卒エントリー数が7倍に!アルパカの「クラレちゃん」起用の効果(この記事です)
ベンチャーの成長を後押しする社内コミュニケーション「クエスト制度」とは
年1000点の新商品を生む アイリスオーヤマ、強さの秘密
男性幹部の意識改革を!「佐川女子」活躍への道
野村総研で27年ぶりに復活の社内運動会 参加者満足度9割の秘密
10年ぶりの上場を実現させた 西武HDのグループビジョン共有法とは
スカイマーク支援のインテグラル・佐山氏が全支店の従業員と会った理由